topimage

2018-04

振替休日と代休 - 2018.02.13 Tue




今気がついたんですけど昨日は
「建国記念日の振り替え休日」
だったんですね。

やけに日本からのメールが少ないと思った。(^o^)ゞ


さてこの 「振替休日」 は英語で observed

昨日の場合だと

National Foundation Day (observed)

という風に表記されます。



20180213.jpg




ちなみ「日曜日に出社した代休」
みたいに個人的な振替休日のことは
day in lieu (でいいんりぃゅぅ) で

He has a day off in lieu today.
(彼は今日代休を取ってます)

とか言うのがたぶん正しいのですが
実際こういう時は単に

He's off today.
と言ってから続けて

Lieu day! (代休だよ!)

・・・という使い方をよくしていました。
ニュージーランドでは。


アメリカ英語でもいちおう使うらしいけど
グアムでは一度も聞いたことないなあ

と思ってよく考えてみたら
そもそも休日出勤が発生しない職場でした。ヾ(´ε`*)ゝ









代休ってちょっとワクワクする♪
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク











こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!





スポンサードリンク

みつからないよ don't see - 2018.02.07 Wed







先日グアム人の同僚が
電話でなにやら細かく確認しているのを
小耳にはさみながらメールを打っていました。

声しか聞こえなかったんだけど
どうやら図面のようなものを見ながら
「これは何だ?」と聞いているもよう。

そんなのメールに添付して
書き込んでもらったほうがよくね?

とか思いつつ
小耳を大きくして聞いていたところ
やたらと

I don't see ○○○.

というフレーズを連発していました。



20180207.jpg




たぶん(想像ですけど)相手が
○○○です、と言っているものが図面にはないので

「それ無いんですけど」

という意味で使ってたみたいですが

もしわたしだったら
I can't find ○○○.
と言ってると思います。

日本語感覚だと don't see よりも
can't find= 見つかりません
って言いそうじゃないですか?

でもここは don't see なんだ~ と
めちゃめちゃ勉強になったのでした。










メールもちゃんと書きましたよ(^o^)ゞ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク











こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサードリンク

誤送信したら disregard - 2017.12.22 Fri






さて昨日のちょっと続きです。


disregard (でぃすりがーど) は
「無視する」という意味ですが
グアムで仕事を始めるまでは全然知りませんでした。

(たぶん)そのぐらい
日常生活で使うことはめったにない(ような気がする)

そのかわりオフィスワークをしていると
毎日何度も目にします。

それはいつなのかというと
メールやFAXを誤送信した時! (´艸`)




20171222.jpg





メールやFAXを送信したあとに
「しまった送り先まちがえた!」 とか
「しまった違う書類送ってしまった!」 とかいう時
大活躍するのが disregard なのです。


グアムではいまだにFAXでのやりとりが主流なので
わたしも毎日何十枚もの書類を送信するのですが
あ~まちがえた!!! (;゜ロ゜) という時

今まさに送った書類に手書きで大きく

PLEASE DISREGARD!!


と書いて再送したりします。


メールの場合だと
Please disregard my previous e-mail.
などと書いてあることも多い。



「無視」といえば ignore だと思ってましたが
こういう場面では disregard を使うみたいです。

なんとなーく、ですけどわたしの感覚としては

ignore は聞こえてるけど無視する、みたいな感じだけど
disregard は「取り合わない」という意味での無視

・・・っていう感じがしますがどうだか。ヽ( ´ー`)ノ









日本語だと「ご放念ください」らしい!
勉強になりました <(_ _)>
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク











こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!




Amazon






スポンサードリンク

resign と step down - 2017.12.14 Thu






さっき運転しながらラジオを聞いていたら
セクハラ疑惑のあったアメリカの議員さんが辞職したよ
・・・というニュースをやっていました。


で、その時なんと言ったかというと

Senator Al Franken has stepped down.


step down を使うのです。



・・・というわけでしつこくてすみませんが
resign の回(→) の
またちょっと続き。



20171214.jpg




実はこのニュース、記事を探してみたら
このあと本文には

Minnesota’s Democratic Lieutenant Governor Tina Smith has been
named as the U.S. Senator to replace Al Franken, who resigned
after being accused of sexual harassment.

(セクハラ疑惑で辞任したアル・フランケン議員の後任として
ミネソタ州の副知事、ティナ・スミス氏が上院議員に指名された)

・・・と、resign も使われています。
(元記事コチラ→


関係ないけどどこの国でもセクハラばっかりですな。(・3・)



で、そういえばこの step down
こんな風に議員や社長などが「辞任」する時に
よく聞くなーと思い出しました。

でも一般の会社員などは
resign は使っても step down とは言わない。
(ような気がする)


なのでせっかくだから調べてみたところ
やほー知恵袋的なサイトに
なんでresign の代わりにstep down とか言ったりするんですかぁ~ ( ゜ ρ ゜ )

という質問があり
その回答のひとつがとてもわかりやすかった。


"step down" は役員とか王室とか、とにかく超ハイクラスの人だけに使う言葉だよ。
もしキミがただのサラリーマンとかブルーカラーの労働者とか新社会人とかだったら
絶対に "step down" は使っちゃダメだ。 " resign" を使いな。
そのぐらいなんていうか、うぬぼれた感じの言いかたってことだよ、"step down" は。




なるほどねー。

他の回答を見ても
「resign の婉曲な表現」
というのが多かったです。

resign 自体が quit とかに比べると
だいぶ婉曲な感じがするんだけど
さらに婉曲を目指しているのか。

でも婉曲すぎて逆に
「1段下に降りる」イメージが
ビジュアルで浮かんできちゃうんだけどなー。











step down を使えるひとになりたい
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク











こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!





クリプレにいかが?





スポンサードリンク

会社を辞める英語いろいろ - 2017.12.12 Tue







昨日のちょっと続きです。

ニュージーランドにいた頃
だれかが仕事を辞めた、という時に

「resign だよ」

・・・と強調されることがよくありました。


いわゆる「クビ」や解雇もめずらしくなかったので
辞めたのか辞めさせられたのか
みんなのけっこうな関心事だったのです。




20171212.jpg



「会社辞めました」という時は

leave

がいちばん一般的かな、と思います。
グアムではresign はほとんど聞かなくて
leave 一点張り。

解雇されようが自分から辞めようが
とにかく「会社から去る」のがleave

なのでひとつだけ覚えるならコレです。(・ω・)b


lay off は 「解雇」。
(たぶん)そのひとに落ち度があるわけじゃなくて
リストラや閉鎖など会社都合で職を失う場合です。


いっぽう「クビ」 は fire
素行や成績が悪いなど本人に問題がある時に使われます。

TV番組でトランプ大統領の決めゼリフだったと有名なのは
You’re Fired! (=お前はクビだ!)


resign と同様
自分から辞めた時は quit も使いますが
なんとなくわたしのイメージとして

quit だと
「辞めてやるっ!((o(>皿<)o)) キィィィ!!」
・・・みたいな感じがします。

resign のほうが上品。(な気がする)




こうしてみると英語には
仕事を辞める言葉がたくさんありますねえ。













面白い。(*゜▽゜*)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク











こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!




仕事の英語はコチラでも






スポンサードリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (44)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (34)
名言・格言 (6)
暮らしの英語 (115)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (20)
ニュースの英語 (23)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (13)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク