topimage

2017-09

そのうちわかる We'll see - 2017.09.05 Tue







今後の対応についてトランプ大統領が
「そのうちわかる」 と言ったことが
ニュースになっております。
(Yahooニュースこちら→

これ英語でなんて言ったのか
気になったので調べてみたら


We'll see.

でした。(Washington Postの記事こちら→




20170905.jpg




で、わたしが気になったのは
「そのうちわかる」という日本語のほうで
これだとなんとなく

「今にわかるよ、ムフフ ( ̄▽ ̄)」
みたいな感じがしませんか?

つまりトランプさんはもうどうするか決めているけど
まだみんなには言わない。
でもそのうちわかるよ。ムフフ。

ていう感じ。

だから日本語でこのニュースを読んだ時
ハイ出た出た上から目線 
感じ悪いわーと思ったんですけど

でもその感じは英語だと

You'll see. なのです。



いっぽう We'll see.
自分も含めてそのうちわかる、という感じ。

つまり自分もまだわかってない。

「ちょっと様子を見てみましょう」
という時に英語の人たちはよく
We'll see what happens.
と言うのですが

今回の We'll see. はまさにこの意味では?
という気がします。


どっちも日本語に訳すと
「そのうちわかる」には違いないんだけど。



そして感じ悪いのは変わらないけど。(´艸`)










どうでもいいからなんとかしてくれ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

グアムは normalcy - 2017.08.24 Thu





グアムの副知事と政府観光局の代表者が
日本で記者会見をして
グアムは「平常運転」であると語ったそうです。



元記事(英語)コチラ →
日本語の記事コチラ→



20170824.jpg



この記事に state of normalcy という言葉が出てきます。


すていとおぶのーまるしー。

normalcy なんて単語初めて聞いた。

「ノーマル」の名詞形だと思うんですけど
だったら normality (のーまりてぃ) というのがありますよね。

どう違うの???


調べてみたけど、うーん
ニュアンスに多少の違いはありそうだけど
基本的にはどっちも
「正常(ノーマル)な状態」

という意味では同じらしい。
特に国の経済・政治・社会状態などが正常であることを表す時に
アメリカでは normalcy を使うことが多いらしいです。

いっぽうイギリス英語圏ではほとんど使われないそうなので
ああ、それで聞いたことなかったのか!
(・・・というほど単語を知らない)



で、現地の新聞には

We remain in a state of normalcy, our beaches are filled with tourists,
and it continues to be business as usual on Guam.

(わたしたちは相変わらず正常な状態にあります。
ビーチは観光客でにぎわっているし、グアムはいつもの日常が続いています。)

・・・と書いてあって
まったくその通りだとわたしも思うのですが

残念ながら日本語の記事になると
この部分はばっさりカットされています。


そこ伝えたかったと思うんだけどなあ。。。











むしろ連日バリバリ鳴ってる雷のほうが怖い
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!





スポンサーリンク

山の日を英語で説明してみる - 2017.08.11 Fri






こんにちは |^・ω・)/

今日はわたしが経験したことのない祝日

山の日 ですね。



英語では Mountain Day (そのまま)



山の日は8月11日と定められているそうです。
8月2週目の金曜、とかではなく。

で、山の日に何をすればいいのかというと
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」
のだそうです by Wikipedia。


で、これを英訳すると

The holiday is to provide
“opportunities to get familiar with mountains
and appreciate blessings from mountains.”


by Wikipedia 英語版 (→


Wikipedia便利だわー。(*゜▽゜*)






20170811.jpg




でもこんなこと言われても
わからないというか興味を持てない。(-ω-;)

なんでしょうね

We appreciate mountains.
(山に感謝する日)

しかし山に感謝するっていったいどうすれば。。。?


Some people will go on hiking and enjoy the beauty of nature.
(ハイキングに行って自然の美しさを満喫する人もいます)


こんな感じ???

でもこんな真夏のど真ん中に
ハイキングに行く人のほうが少ないだろうなあ。


きっと一般的な日本人にとっては今後
「お盆休みの始まり」という位置づけになるんだろうなと
わたくし予想しております。












Enjoy your Mountain Day♪
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク








こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

サヨナラホームランは英語で? - 2017.07.24 Mon











さっきニュースを見ていて
ふと気づいたんですけど

野球の「サヨナラゲーム」って
英語でなんていうかご存知?



辞書で調べると
walk off と出ています。

サヨナラヒットなら walk off hit
サヨナラホームランなら walk off home run
サヨナラ勝ち(負け)は walk off win (loss)




20170724.jpg





しかし!!!



英語のニュースを見ていると



SAYONARA



とそのまま言っていることが多いです。
発音は 『サヨナーラー』。

ヒットでもホームランでも
とにかく試合が決まった瞬間に
実況アナが 「サヨナーラー!!」
と叫んでいるのをよく見ます。


たぶんわりと最近のことだと思いますが
SAYONARA は映画のセリフとか
歌詞などに使われることも増えてきました。

言いやすいんでしょうか。( ・◇・)


もちろん野球のSAYONARAについては
日本人メジャーリーガーのおかげでもあります。

今でこそたくさんの選手が活躍していますが
わたしはほぼ同じ時期に日本を出て
パイオニアとして活躍した野茂さんを
勝手に「同期」だと思っています。

野茂さんの活躍なしに
SAYONARA がメジャー入りすることはなかった
(・・・と、思う)












今週もがんばって行こ~ ( ̄0 ̄)/
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

がんばれGoogle翻訳 - 2017.06.27 Tue







14歳の藤井四段による
将棋の連勝記録が話題ですが

日本将棋連盟のサイト(→)を英語表示にすると
『藤井聡太四段29連勝、歴代単独トップ』

という記事のタイトルが

Satoshifutoshi Fujii four-stage 29-game winning streak, successive alone top


・・・となります。
長いな。(〃´o`)=3


「四段」はfour-stage
「29連勝」は 29-game winning streak
っていうのね。



などと感心している場合ではなく



20170627.jpg





Satoshifutoshi って何!? Σ(・ω・ノ)ノ



明らかに「聡太」というお名前なのですが
読みではなくなぜいったん漢字に戻す!?


そもそも日本将棋連盟のサイトは
英語表示にするとカオスで

「竜王」が Dragon King になっていたりという
スバらしい誤訳(?)もあったりして
以前から評判になっていたのです。


これは連盟ではなくGoogle翻訳のせいで
昔よりは精度が上がってきたものの
まだまだとんでもないことをやらかす面白機能。


現在は竜王はちゃんと「Ryu-oh」と表示されるみたいだけど
よくよく読むと藤井四段は Fujii Sota four stages なのに
(しかもここはちゃんと Sota になっている!)
増田四段はYasuhiro Masuda 4-dan だったり

谷川九段の『タイトル戦の本戦に勝ち進むようになり、』 という言葉が
Now Kachisusumu in the Main Draw of the title fight,

と、「カチススム」の翻訳が放棄されていたりして
やっぱり相変わらずカオスで楽しいのであります。


というわけでみなさんがGoogle翻訳を使う時も
まあだいたいの意味がわかる程度の気持ちでいると
よろしいのではないかと。(*゜▽゜*)









将棋ってCool Japanだわ。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!







スポンサーリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
わたしと英語 (15)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (38)
ニュージーランド生活 (10)
映画・音楽・テレビ (7)
今日の単語 (26)
お店で英語 (8)
グアム生活 (25)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (90)
職場の英語 (20)
使えるフレーズ (58)
カタカナ英語 (15)
ニュースの英語 (18)
旅の英語 (17)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (3)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク