topimage

2017-11

送迎を頼んでみる - 2017.09.29 Fri








グアムのレストランは
ホテルまで送迎してくれるところが多いです。

旅行会社のツアーデスクや
ホテルのコンシェルジュで予約する時はいいけど
レストランに直接電話する時は
なんて言えばいいのかしら? ( ・◇・)




20170929.jpg






まずだいたい予約するとお店のほうから
Do you need pick up? (じゅにーぴっかっ?)
・・・と聞いてくれます。

お迎え必要ですか? という意味。


なので必要であれば Yes, please. に続けて
ホテル名を伝えてください。
グアムにはGuam Plaza と Grand Plazaみたいに
似たような名前のホテルがいくつかあるので
間違えないように気をつけてね。(・ω・)b

そして何時に迎えに来てくれるのかをしっかり聞きましょう。
最後にもう一度、 6:30 at Hyatt, right?
(6時半にハイアットですよね?) などと確認すべし。
相手が間違えてることもけっこうあるのでね。


必要なければ No, thank you. でいいです。
It's OK. (大丈夫です)とか I will walk. (歩いていきます)
などを加えるとより確実。

YES か NO かをお互いはっきりしておかないと
お迎え頼んだはずなのに来なかったとか
迎えに行ったのにいなかった、ということになるので
ここはしつこいぐらいに確かめたほうがいいです。


電話したのが当日じゃなくて事前予約なら
当日もういちど電話して確認する。

あーめんどくさい。 (*´Д`*)

めんどくさいけどそのぐらいしないとダメです。
基本的に相手は信用ならないのです。

確認する時は I'd like to reconfirm my reservation.
(あいどらいくとぅりこんふぁーむまいりさヴぇいしょん)

ここまで言えばあとはお店の人が
いつの予約?とか名前は?とか聞いてくれるから
ひとつづつ答えていけばよいですよ。


あと最初に送迎について何も言われなかったら
Do you have pick up service?
(じゅーはヴぴっかっさーヴぃす)

「送迎ありますか?」と聞いてみるがいいですよ。



いやーこうしてみると
レストラン行くのもひと苦労ですなあ。






結局ツアーデスクでお願いするのがラクよね。(´艸`)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

「かざす」は英語で何? - 2017.09.14 Thu







もうひとつのブログ
「つれモナ」にも書いたのですが (→

カードを 「かざして」 乗る
エレベーターで認識されなかったわたくし。

この時英語ではなんて書いてあったかというと




20170914_20170913223732eda.jpg




ちょっと調べてみたら
カードキーやSuicaみたいなものを「かざす」時は
hold the card over a scanner/sensor/ reader

という言い方が多いようです。

カードリーダーの前でholdするんですね。
ああなるほど、なんとなく「かざす」っぽいわ。

もうちょっと近づけたい感じの時は
hold のかわりに place (=置く)を使うこともあるらしい。

らしい、とかみたい、とか言ってるのは
グアムにそんなシステムがないので
実際どうなんだかよく知らないからです。(´・ω・`)



ところで上の写真に card key と書いてありますが
英語だと key card です。

でもカードキーで伝わるので
ていうか「ルームキー」でも
単に「キー」でもちゃんと伝わるので

そこはたいして気にするとこじゃないわ。 ヽ( ´ー`)ノ







伝わりゃいいの
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

揺れるよ turbulence - 2017.09.04 Mon






先週の金曜日に1泊で
弾丸帰国してきました。

台風が迫っていると言われていたので
心配でしたが何とか飛行機も無事飛びました。(´▽`)


ところで機内ではけっこう頻繁に
いろんなアナウンスが流れますが
シートベルトを締めろとか電源を切れとか
飛行時間とか現地の気温とか乗り継ぎのご案内とか

とにかくほとんどはそういう「インフォメーション」なので
別に聞き逃したところで支障はありません。

特にグアム~日本間なんて100%
日本人乗務員さんが乗ってますしね。


ただし気流の悪いところを通る時なんかに
英語でダダダーッとアナウンスが流れた後
日本語で言ってくれない時があったりするので
ポイントを覚えておくと安心ですよ。(・ω・)b



20170904_20170903225905a06.jpg



そういう時はたいてい
映画なんか途中で止まったりして
こんなパターンのアナウンスが流れます。


We are expecting some turbulence.
(うぃあえくすぺくてぃんぐさむとぅーびゅらんす)
The captain has just turned on the fasten seat belt sign.
(ざきゃぷてんはずじゃすとぅーんどんざふぁすんしーべるさいん)

もうすぐ揺れるからシートベルトのランプ点けたよ


で、このあとたいてい
「座席に戻ってシートベルトを締めろ」
とか言われます。


つまり、この一連のアナウンスが流れたら

揺れるよっ!


ということ。

ポイントは turbulence
(とぅーびゅらんす) = 乱気流

これが聞こえたら揺れるよ。

アナウンスが流れた時点で
すでに揺れていることも多いのですが
さらにもっと揺れるよ

コーヒーとか飲んでるひとは
覚悟しなよ! てこと(笑)


ちなみにわたしは機内で
熱いドリンクは頼まないことにしております。(´・ω・`)










夜中に帰ってきたからひとり時差ボケ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

タクシーと呼んで! - 2017.05.09 Tue





海外旅行先のホテルで
「タクシー呼んでください」 と言おうとして

Can you call me taxi ?
(わたしをタクシーと呼んでください)

・・・と言ってしまったという
笑い話がありますが

実際これ間違えやすいですよねー。


なるべくこのまま使いたいのなら
正しくは

Can you call a taxi ?


me 要りません。
me をねじ込もうとするから間違えるのです。(´艸`)





20170509.jpg



でも Can you call a taxi ? は
通じるけどあまりイイ感じではありません。

そもそも初対面のひとに
Can you を使うのは感じがわるい。

まあ時と場合によるのですが
友人や同僚など知り合いでもない限り
横柄に聞こえることが多いです(わたしはね)。


オトナらしくきちんと言うなら

Could you call a taxi for me, please.


わたしの「ために」タクシーを呼んでいただけますか?
という意味になります。


please? と上げるのではなくて
please. と文末を下げると
イギリス英語っぽく落ち着いた感じ(のような気がする)。




ニュージーランドでは

Could you arrange a taxi for me, please.


・・・とネイティブのひとが言っていたのを聞いて
ステキだなと思ったのでわたしも使わせてもらっています。


call という具体的な動詞ではなくて
arrange とか organze とかを使うと
なんかエレガントな感じよね。ヾ(  ̄▽)ゞ

そういえばこのへんの感覚が
日本語とちょっと違うなと思ったので
次回はそれについて。











くっじゅーポチぷりーず
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

時差ボケはjet lag - 2017.04.21 Fri






時差つながりでもうひとつ。

「時差ボケ」です。




ニュージーランドもグアムも
日本からは縦方向の移動なので
時差ボケはほとんどないのですが

グアムからアメリカ本土に行く時は
赤道も日付変更線も超えての横移動になるため
話を聞いているだけでクラクラするほど
時空を超えた旅になります。


それでも行ってみたいですけど。(´・ω・`)




20170421.jpg




さて「時差ボケ」は英語で



jet lag (じぇっとらぐ)



なんかカッチョいい。(´艸`)


I have jet lag.
I got jet lag.
I feel jet lag.
I am jet lagged.


どれでもOKです。

なんなら Jet lag! と叫んでも可。



jet はもちろん ジェット機のジェット
lag はズレる、といった意味なので

つまりジェット機で移動したら時間がズレてしまった
=時差ボケ、ということなんですけども

よくよく調べてみたら lag とは
「遅れた方向にズレる」 ことだそうです。

テレビの衛星中継などでよく
音声が遅れて届いたりする時
「タイムラグがある」とか言いますが
そのラグがlag。


なので日本が1時で現地が7時みたいに
「進んだ方向にズレ」るのも lag でいいのだろうか?

・・・とちょっと悩んだのですが
たぶんjet lag はそういうズレではなくて
ジェット移動について行けずに遅れてしまった自分

という意味の「ズレ」なんだろうなと
勝手に納得した次第であります。












どうかな?
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!










スポンサーリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 11月10日発売 +++


Amazon にて絶賛予約受付中!

認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (18)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (40)
ニュージーランド生活 (11)
映画・音楽・テレビ (8)
今日の単語 (27)
お店で英語 (8)
グアム生活 (30)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (98)
職場の英語 (21)
使えるフレーズ (64)
カタカナ英語 (17)
ニュースの英語 (20)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (2)
英語で説明 (2)
雑談 (10)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク