topimage

2017-09

父の日は何月? - 2017.06.19 Mon





きのうは『父の日』 (Father's Day) でしたが
皆様いかがお過ごしだったでしょうか。

グアムではなにかというと一族郎党大集合して
ごはんを食べに行ったりすることが多く
母の日に続いて『父の日スペシャル』なども
あちこちのレストランで行われていたようです。

まあ関係ないんですけども。 ヽ( ´ー`)ノ


さて去年書いたと思っていたら
どうも書いてなかったみたいなので
父の日について。




20170619.jpg




母の日は日本もアメリカもNZも
5月の第2日曜なのですが
父の日はちがいます。

日本とアメリカは昨日
つまり6月の第3日曜ですが
ニュージーランドとオーストラリアでは

9月の第1日曜日


なのでもし6月にホームステイに行って
「そうだ父の日だ!」とホストファザーに
なにかプレゼントしようとしても
父の日ギフトなどどこにも売っていないのです。┐( -"-)┌

わたしは知らなかったのでホントにびっくりした。


そもそも父の日とは世界各国でバラつきがあるのですが
6月の第3日曜がもっとも多く、イギリスも6月。

たいていのことはイギリスと同じはずなのに
なぜかオーストラリアとニュージーランドは
9月に父の日を祝うのであります。


なぜ?

と何度もいろんな人に聞いてみたけど
誰も知らない。(´艸`)

ていうか他の国では6月だということも知らない。


「6月は寒くて天気が悪いからBBQに向かない」 
(父の日=BBQなので) というのが
わたしが聞いた中で一番多かった意見で
そしてたぶんもっとも信憑性が高いです。

どうせそんな理由だと思います。(笑)








今週もよろしくお願いします
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

どこに住んでも自分は自分 - 2017.05.31 Wed








『お断り』で思い出したんですけど
(昨日の記事→


ニュージーランド生活2年めに入り
Kiwi (ニュージーランド人)の女性と
flatting (ふらってぃんぐ=ルームシェアすること)していた頃の話。
※flat についてはこちらの記事どうぞ→


おひとりさまでビーチにいたら
いわゆるナンパ的なことに遭遇したのですが
英語もまだよくわかんないし
なんて断ったらいいのか困りました。


自分がすごい美人なら気にしないけど
バッサリ断る→なんだよブスのくせに!!
。。。みたいな展開が予想されてしまうため(´艸`)

せめて丁寧にお断りすれば
このような展開が防げるのではないか
と思ったけど言葉が浮かんでこなかった。


なので家に帰ってから彼女に
こんなことがあったんだけど丁寧で失礼ではなく
相手の気分を害さずにお断りするには
英語でなんて言えばいいの?

と聞いてみたのです。



20170531.jpg



すると「はあ?何言ってんの?」
みたいな顔されて



日本語だろうが英語だろうが
嫌なものはイヤ!といえばいいのっ!
あなたがどの国にいようがそんなの関係ない!



とキッパリ言われたのです。



そりゃあんた美人だから言えるんだよー(・3・)
・・・ともちょっと思いましたけども(笑)

でもそれはさておき
基本的にはその通りだな、と。



わたしは『郷に入っては郷に従え』派で
当時はなるべくKiwiのように暮らそうとしていたのですが
それにこだわるあまり、ちょっと自分を見失っていた。

どこに住んでいても自分は自分なんだよ、ということを
その時彼女にビシッと教わった気がして
それから何度もこの時のことを思い出します。


せっかく異文化の中で暮らしているのに
頑なに自分を変えないのでは意味ないなと思うけど

その国に馴染もうとするあまり
自分の芯が揺らいでしまっては元も子もないし

そのへんのサジ加減を試行錯誤しながら
20年暮らしてきたという感じです。










そしてまだ試行錯誤・・・
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

柔道は player かwrestler か - 2017.01.19 Thu







ニュージーランド生活2年目ぐらいの時
わたしはワークビザで働いていたのですが
同僚に 「元柔道選手」 がいました。

で、ニュージーランド人の同僚となんとなく
その人の話になった時

「柔道選手だったんだよ!」と言いたくて

He used to be a Judo player.

・・・と言ったら

Judo player!?
Nooooo !!! ≧(´▽`)≦


と涙が出るほど笑われ

なに言ってんだよ
Judo wrestler だよ~!


と訂正されました。




20170119.jpg




レスラー!? (゜ロ゜;)


わたしにとってレスラーといえば
プロレスが最初に浮かんでしまうため
どうも柔道とは結びつかない。


でもそういわれてみたら
力士のことは Sumo wrestler というし
なんだろう格闘技(?) 的なものはレスラーなのかな。(´ヘ`;) 


と無理やり納得したあの日から約20年。




今あらためてググってみたら


Judo player ってフツーに使われてるじゃん!!











20年で英語が変化したのか?
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

You は何しにニュージーへ? - 2017.01.10 Tue







ワーホリでニュージーランドに行って
ワークビザ → 永住権 と切り替えたわたしですが

世間話をしているとよく


What brought you to New Zealand?


・・・と聞かれました。


「ニュージーランドに何を持ってきたの?」
ではありません。 (´艸`)


「何があなたをニュージーランドに連れてきたの?」

つまり 「どういうきっかけでニュージーランドに来たの?」
という意味です。




20170110.jpg




英語はストレート、とかよく言われますが
こんな風に遠回しな言い方も多くて
最初は「?」と思いましたが
慣れてくると丁寧でとても感じのいい聞きかた。


もちろん日本にいる外国人に使うこともできます。

その場合は

What brought you here? とか
What brought you to Japan? となります。


Why did you come to Japan? でも
文法的にまちがいではないんだけど

「なんで来たの?」 (・3・) 

・・・という感じになってしまうので
「大きなお世話だコノヤロー!」
みたいな展開にならないとも限りません。(笑)


ただしこのへんは難しいところで
相手が英語圏のひとではない場合は
ストレートに言わないと意味が伝わらないこともあるので
臨機応変にご対応いただければよろしいかと存じます。



ちなみにグアムではいきなり
「ダンナがミリタリー?」 と聞かれることが多く
いろいろ失敬だなコノヤローと思うわたくしでございます。










お役に立てればコレ幸い
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!









スポンサーリンク

Teaという名の夕ごはん - 2016.09.30 Fri






ニュージーランドでファームステイをする
修学旅行生のみなさんが混乱していたのは

夕ごはんのことをTeaと呼ぶ


ことです。w(゜o゜)w

これホントびっくりするよねー。


What would you like for tea today?
・・・と聞かれたら
お茶菓子のことかな?なんて思うけど
夕ごはんのことなのです。


しかし全員がTeaと呼ぶわけではなく
わたしの見聞きしたところ
3割ぐらいかなー。

地域によっても違うと思いますが
Dinnerと呼ぶ人のほうが多かったです。
年配のかたとかファーマーさんはTea率高し。

Tea と呼ぶのはちょっと古臭い
・・・みたいな感じもあった気がします。


というわけでNZの中でも統一されていないため
余計ややこしいのです。

「お茶」という意味でももちろん使うので
さらにややこしさに拍車がかかる。( ´△`)


そのへんは時と場合に応じて
どっちの意味なのかをお察しいただければ幸いです。



20160930.jpg




そもそも19世紀のイギリスでは
1日のうちメインの食事をDinnerと呼び
昼に食べていたそうです。

夜はその残りを軽食として食べて
Teaと呼んでいた。

で、たぶんですけど
ニュージーランドにイギリス人が移民してきたのは
18~19世紀のことなので
その頃の言葉が残っていったのかな、とも思います。


ところで今知ったんですがアメリカでは
Breakfast/Bruch/Lunch/Dinner/Supper と
時系列で決められているのだそうです。

つまり何時に食べるかで決まる。


なんかすごいアメリカ的!!w(゜o゜*)w


・・・と、妙に感心してしまったのであります。








Fish&Chips食べたくなってきた・・・
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~









スポンサーリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
わたしと英語 (15)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (38)
ニュージーランド生活 (10)
映画・音楽・テレビ (7)
今日の単語 (26)
お店で英語 (8)
グアム生活 (25)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (90)
職場の英語 (20)
使えるフレーズ (58)
カタカナ英語 (15)
ニュースの英語 (18)
旅の英語 (17)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (3)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク