topimage

2016-05

イギリス英語とアメリカ英語 (発音編) - 2016.05.20 Fri






イギリス英語とアメリカ英語の違い
今回は「発音編」です。

といってもどうやって発音するのかではなく
どんな風に聞こえるのか。

発音のしかたはわたしが教えてほしい。(;´д`)


昔日本で働いていた職場は
日常的に英語を使う業種だったのですが
(でもわたしの仕事は日本語オンリー)

イギリスに住んでいたひとが
アメリカ(ロス)育ちのひとの英語を評して
「何でも鼻に抜けてキモチ悪い」
と言っていました。


その時はイギリスとアメリカの違いどころか
英語そのものがサッパリわからなかったので
へえそうですか~、とうなずくだけだったのですが


今ならわかる! "(-""-)"

今あの時に帰って思いっ切り同意したい!!!


キモチ悪いは語弊があるけども
何でも鼻に抜けるのは、どうも居心地が悪い。

まあアメリカ英語にもいろいろあるでしょうが
グアムはカリフォルニア方面の人が多いので
「抜けがち」なのです。


わたしの個人的な感覚だと
イギリス英語の発音はカクカクしていて
アメリカ英語の発音はニョローンとしている。



201603211.jpg
きなこ画伯渾身の作 「ざる」




わたしが英語を聞く時は↑こんな風に
ザルみたいな大きな容器に
水がザーッと流されるような感じです。


ほとんどそのまま流れていくんだけど(笑)
大きいかけらは網目に引っかかって残る。

それがだいたい文章のキーワードなので
つなぎ合わせれば何を言いたいのかは
なんとか理解できる、というしくみです。

どんなしくみだ。☆ヾ(-Θ-:)



イギリス英語だとカクカクしているので
けっこう網目に引っかかりやすいんだけど
アメリカ英語はスライムのように
ニョローンと全部流れ出てしまい

文章を最後まで聞いたのに
なにひとつ網目に引っかからず
「えーと、もう1回お願いします」
ということが多々あります。いまだに。

特に電話だと本当に一言もわからず
3回ぐらい聞き返すこともある。


これは決して年齢のせいではなく
あくまでイギリス英語とアメリカ英語の違いなのだと
わたくしは思っているのであります。(必死)











ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ







スポンサードリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (44)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (34)
名言・格言 (6)
暮らしの英語 (115)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (20)
ニュースの英語 (23)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (13)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク