topimage

2016-08

with or without - 2016.08.04 Thu




うちのオットは玉ねぎが苦手なので
(アレルギーじゃなくてただ嫌いなだけ)

お店で注文する時に必ず
「玉ねぎ抜きで作ってください」
とお願いします。


そういう時英語では
without onion と言えばいいのですが

口頭で伝える時は意外に間違えやすい。

わたしが、じゃなくて
お店の人が、です。


彼らはたいてい忙しいので
with onion だったか
without onion だったかわかんなくなる
(というか聞いてないというか)

・・・ことが多い。


特にタイ料理とかベトナム料理みたいに
相手も英語ネイティブじゃない場合は
言ったつもりだったのに
実はお互い通じ合ってなかった

なんてこともめずらしくありません。




201608041.jpg




というわけでわたしはいつも

with no onion
・・・とお願いしています。

これだと ノーオニオンね (*^-°)v
で、ちゃんと伝わる。


たとえば仕事の打ち合わせで
「追加料金なしでいいですよね?」
と確認しておきたい場合なんかも


without extra charge と言うよりも

with no extra charge と言ったほうが
間違いなく伝わりますよ。


どっちが正しいとかネイティブっぽいかは
ひとまず置いといて

英検3級としては
大事なところを間違いなく伝えるのが
最優先ポイントなのでね。








ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~



※いただいたコメントには基本的に
週末まとめてお返事しますので
過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。






With or Without You~♪
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。








スポンサードリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (44)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (34)
名言・格言 (6)
暮らしの英語 (115)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (20)
ニュースの英語 (23)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (13)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク