topimage

2016-09

My name is は死語なのか - 2016.09.09 Fri







昔むかし学校では
自己紹介をする時には

I am Kinako. ではなく

My name is Kinako.

と言いなさいと教わりました。


そして

I am Kinako. と言えるのは
マドンナとかアメリカの大統領みたいに
誰もが自分の名前を知ってて当然、 という人だけです。


・・・とも言われた。

これものすごく印象に残っているので
先生が言ったことを一字一句覚えていますが

実際英語圏に来てみたら


みーんな I am ..... って言ってるじゃないの先生っ!(`□´)



でもだからといって
My name is が日本語で言えば
「拙者は。。。でござる」みたいな死語である

というのも全然ちがいます。


田中マーくんがメジャーリーグで入団会見した時に
My name is Masahiro Tanaka. と言って
「死語なのに!」とか「はずかしい!」
などとTwitterなどでさんざん言われていましたが

え?普通に使うけど?
・・・とモヤモヤしていたので
今回ちょっと調べてみました。




20160909.jpg
初対面の人が集まるところではよくこういうステッカーを貼ります






NZでもグアムでも自己紹介する時には
My name is も I am も両方使います。

わたしが見聞きした情報と
今回調べてみたネイティブ情報を合わせると
使い分けはだいたいこんな感じ。

まず I am Kinako という時は
友達同士のパーティなどなど、カジュアルな場面。

そして誰かに紹介してもらってから、あらためて自己紹介する時。
・・・と言うとなんだかややこしいけど

たとえば友人Aが誰かBに向かって
「Hi, This is Kinako.」 (こちらきなこさんです) と紹介したあと
わたしが誰かBに向かってあらためてご挨拶する時は
「Hi, I'm Kinako. Nice to meet you!」 となる。


そんな風に「カジュアルな場面かつ誰かが紹介してくれた時」に
I am を使う、という意見がほとんどでした。


いっぽう My name is はそれと真逆。

仕事の面接とかフォーマルな場面では
I am Kinako ではなく My name is Kinako を使うようです。

見知らぬ相手から初めて仕事のメールをもらう時も
My name is  と書いてあります。


そして「自らすすんで自己紹介する時」に
My name is Kinako と言う。

たとえば大勢の知らない人の前で自己紹介するとか。

聴衆(?)の中に知ってる人がいる時は
I am を使うことも多いそうで
そのへんの線引きはなるほどなーと思いました。



・・・というわけで
田中マーくんが My name is を使ったのは
実は大正解なのです。 ヽ(^◇^*)/



マイネームイズが死語だというのは
どうやら情報番組が発信元のようですが
情報を鵜呑みにせずに調べてみると
日頃の疑問も解決できて一石二鳥でござる。








拙者ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~





こちらもお願いでござる。
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (43)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (33)
名言・格言 (5)
暮らしの英語 (113)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (19)
ニュースの英語 (22)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (12)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク