topimage

2016-12

The Power of reconciliation - 2016.12.29 Thu






パールハーバーでの安部首相のスピーチ
出勤前になんとなく見ていたら
途中から釘付けになってしまいました。


わたしの両親は終戦の時
まだ小学生だったのですが

その両親と3人でハワイに行った時
どうしても行きたいと言われて
一緒に訪ねたのがアリゾナ記念館でした。


あれからもう何十年も経って
両親はすでに他界してしまったのですが

「皆さんが送ってくれたセーターで、ミルクで、
日本人は、未来へと命をつなぐことができました。」

というスピーチを聞きながら
両親はまさにそうやって育ったのだなあと
じんわり思いをはせたのでした。




20161229.jpg





さてその安倍首相のスピーチに出てきた
reconciliation (りこんしりえいしょん)


はずかしながら初めて聞いた言葉だったので
調べてみました。



201612291.jpg



逆に「和解」を和英辞典で引くと
settlement という言葉が先に出てきます。

settle reconcile のちがいは
こちらの (→)英語サイトに説明がありますが

ザックリいうと settle はある条件の下に
しっかりとした関係性を築くことで
ビジネスなど公的な場面でよく使われます。

いっぽうreconcileとは
(いったん壊れた)友好関係を修復したり
調和を取り戻したりすることだそうで

かつて戦った敵同士が友好関係を取り戻す
という意味ではまさにぴったりの言葉です。


安部首相が日本語のスピーチの中でわざわざ
「The Power of reconciliation、和解の力です」
英語をはさみこんだのは

この「和解」という言葉を
settlement など、他の単語に訳されると
外交上いろいろややこしくなるので

ここはハッキリさせておきたい
という表れなのかもなあと思いました。



================



『Ms.Kinakoの 英検3級でもどうにかなる英語』
本年は今日でおしまいです。
4月のスタート以来、毎日ありがとうございました。

新年は1月4日から始めますので
よろしくお願いいたします。





それではみなさん
May 2017 be a happy and great year for you!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらは年内もうちょっと更新予定
「☆つれモナ☆」にGO!







スポンサーリンク

room temperature と lukewarm - 2016.12.28 Wed





クッキングの英語です。

レシピを見ていると
水とかミルクなどの温度として

room temperature というのと
lukewarm というのが出てきます。


room temperature は読んで字のごとく
「室温」

わがグアムの家の室温は
だいたい26℃ぐらいですけども
室温とはそもそも何℃なのか?( ・◇・)

と思って調べてみたら
1~30℃ だそうです。

幅ありすぎ。



しかしさらに旅を続けていたら
Room temperature is 70F. (約21℃)

と言い切っているサイトがありました。

根拠は書いてないのでまったく不明なのですが
でもまあそのぐらいっぽい感じがしないでもない。(笑)




20161228.jpg




いっぽう lukewarm
「ぬるい」 という意味で
こちらもレシピではよく見かけます。

「ぬるい」とかいうファジーな日本語に訳されるわりには
lukewarm についてはわりとちゃんとした目安があって
だいたい36.5℃~40.5℃ぐらい。(細かい!)

赤ちゃんのミルクがそのぐらいだそうです。
よく知らないけど。 ヽ( ´ー`)ノ


なので日本語だと「ぬるい」よりは
「人肌」といったほうが近いかも?


そして
cold water (冷水) 1 : boiling water (熱湯) 2

の割合で混ぜると lukewarm になる
・・・と書いてあるんですけど


冷水の2倍も熱湯を入れたら
けっこう熱いんじゃないかなあと
理科と算数に弱いわたしはちょっと不安。(´ヘ`;) 






やってみようかな
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

「A」 Happy New Year? - 2016.12.27 Tue






とうとうクリスマスもスマスマも終わってしまい
グイグイ追い詰められている今日このごろですが
年賀状はもう書きましたか?


年賀状に

A Happy New Year!!

・・・て、よく書きますよね。

わたしもたぶん小学生の高学年ぐらいから
ちょっとカッコつけてそんな風に書いていた。


でもふと気がついたんですけど
あれちょっとヘンじゃないですか?



20161227.jpg



英語のカードには↑このように

Happy New Year と書かれています。


つまり


「A」 は、ないのです。 (゜ロ゜;)



これクリスマスの時に
I wish you a Merry Christmas とは書くけども
A Merry Christmas ではなく
Merry Christmas になるのとまったく同じ。


実際に会ってご挨拶をする時は
Happy New Year! (あけましておめでとう!) と言いますが

(I wish you a ) Happy New Year!
つまり 「楽しい新年をお祈りします」 という文章の一部なので

A Happy New Year! だと
「楽しい新年!」 ていう感じになるのです。(´艸`)


なので「A」の前で切るのはちょっとヘンなんだけど
まあこれはこれで
「謹賀新年」

・・・に通じるものがあるなあと
なんだかフフッと笑ってしまうのであります。








年末の挨拶もHappy New Year!です
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!







スポンサーリンク

アメリカにはない BOXING DAY  - 2016.12.26 Mon









本日12月26日は
アメリカ圏では単に「クリスマスの翌日」ですが
イギリス圏では Boxing Day という休日です。


クリスマスを家族でのんびり過ごした翌日
早朝から始まる Boxing Day Sale のために
長い行列ができたりするのは
アメリカ圏の Thanksgiving DayBlack Friday にそっくり。

でも Black Friday は休日ではないし(休む人も多いけど)
このあとまだクリスマスという
最大のイベントが控えているのに比べると

Boxing Day はクリスマスと併せて必ず連休になるし
オセアニアの場合はクリスマス前から学校も夏休み
商店やオフィスや病院などもそれに合わせて長期休暇に入るので
国を挙げての 歳末感 がハンパないのです。

病気もせず事故もなく車や電化製品の故障もなく
年明けまでつつがなく過ごしたい感というか。(´艸`)


12月半ばからの1か月ぐらいは
何も動かない、と思ったほうがいいほど
なにもかも機能停止になるのです。




20161226.jpg




そもそも Boxing Day とは何の日かというと
教会が貧しい人々のために募ったプレゼントの箱を開ける日 とか
クリスマスも働く使用人に主人がプレゼントを渡して休みを与える日 とか
郵便屋さんや牛乳配達などクリスマスに働いてくれた人たちにプレゼントを渡す日 とか
ただ単にクリスマスプレゼントの箱を片づける日 とか

諸説ありますがとにかく
BOX = 箱 がらみであって
スポーツのほうのボクシングではありません。


しかしなぜアメリカには Boxing Day が伝わらなかったのか謎です。

すでに Black Friday があったのかなあ?

ご存知のかたは教えてください。



国を挙げて機能停止になっていたニュージーに比べると
グアムのクリスマス~年末年始は非常にあっさりしていて
生活するのにまったく不便はないのですが

あの不便さもちょっと懐かしいなあと思う今日このごろです。







今週ラストスパート!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!







スポンサーリンク

今日は何の日? - 2016.12.23 Fri







今日はクリスマス・イヴ・イヴ。 (´艸`)

この eve は 「前夜」 という意味ですが
特に祭日や祝日の前夜の時に使うそうです。

クリスマスと並んでもうひとつ有名なのは
New Year's Eve (大晦日)。

試験とか結婚式みたいに
別に世の中の祝日ではない日の「前夜」は
the night before になります。

またここも英語は妙に細かく分けるねえ。(-ω-;)




20161223.jpg



さてChristmas Eve の eve
evening と同じ語源だそうで
英語の古語で「夜」を意味する 「even」 からきています。

で、ここからは宗教的にややこしいのでザックリ言うと
昔むかしは日没から日没までが1日とされていたため
今で言う24日の夜 = eve は25日のはじまり。
そこで(今で言う)24日の夜から祭礼を行っていました。

その後0時~24時までが1日という区切りになったため
24日の夜 = eve が「夜」ではなく「前夜」という意味に変わった

・・・・のだそうですよ。ε=( ̄。 ̄;)


教会で行われるクリスマスや新年のミサが
前日(24日とか31日)の夜に行われるのは
そういう理由だったんですねー。

なんで当日にしないのかと思ってた。



ちなみに本日の「天皇誕生日」は英語で
Emperor's Birthday


ああそうか、キングではなくエンペラーなのだなあと
毎年思うのであります。








楽しいクリスマスを"(@´▽`@)ノ"""
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
わたしと英語 (15)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (38)
ニュージーランド生活 (10)
映画・音楽・テレビ (7)
今日の単語 (26)
お店で英語 (8)
グアム生活 (25)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (90)
職場の英語 (20)
使えるフレーズ (58)
カタカナ英語 (15)
ニュースの英語 (18)
旅の英語 (17)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (3)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク