topimage

2017-02

2月はふぇびゅるるあるぃー - 2017.02.28 Tue






2月が今日で終わってしまうので
すべりこみ~!! ((((( ( (ヽ(;^0^)/


2月といえば英語で FEBRUARY
カタカナで書くと「フェブラリー」 ですよね。

「フェブラリーステークス」という
競馬のレースもある。


しかしホントの発音は
「フェブラリー」ではないのです。

でも大丈夫、通じます。

フェブラリー的な単語は他にないので
なんとなく会話の中でフェブラリーと言われたら
あ~2月のことねと思ってもらえるのでね。(´艸`)


あえて例えてみるならば
外国人に「ねごつ14日」と言われても
2月14日ね、と思うでしょ。

そんな感じです。(たぶん)




20170228_20170228090205267.jpg




アメリカ英語とイギリス英語では
発音が少し違うのですが
けっこう個人差もあるようで
ネイティブでもいろんな発音があるらしい。



でもわたしの印象だと
ニュージーランド人は


「ふぇびゅるるあるぃー」


みたいな発音をする人がとても多かったです。

何それぜったい発音できない!
・・・と思うでしょうが
まさにものすごく発音しにくそうに言うのです。
ふぇびゅるるあるぃー、と。(笑)


そんなに言いにくいならもうやめちまえ!
と思うくらい大変そうだった。
ふぇびゅるるあるぃー。



なのでわたしは習得する気がまったくありません。
「ねごつ」でけっこう。 ( ̄‥ ̄)=3









来年の2月まで練習してみてください
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

何がなんでもマウスはmice - 2017.02.27 Mon






このあいだ書いた
「羊の複数形は sheeps ではなくsheep」
という記事(→)にちょっと関連。



新しいマウス(PCの)を買おうと思って
Amazonで検索したら・・・・





20170227.jpg






直された!! w( ̄△ ̄;)w





いやいやたしかに
mouse(ネズミのほう)の複数形はmice
なので

PCのマウスもmiceになるのは
ルールとしては正しいのですが


なんだかちょっと違和感がある。




複数形になると形が変わるもの(=不規則変化)
としてよく出てくるのは mouse の他だとこんな感じです。


man (男性) → men
woman (女性) → women
child (子供) → children
foot (足) → feet
tooth (歯) → teeth
goose (ガチョウ) → geese



これを見てわかる通り
不規則変化をする名詞というのは
(たぶん)ほとんど生物なのです。

「歯」は生物ではないけど
生物についているものだし。


それに対してPCのマウスは
ただのプラスティック(だかなんだか)のくせに
まるで生物かのように mice などという変化をするので


それでわたしはなんだかキモチ悪いのでした。


違和感の原因はそこだ!(・ω・)b





・・・な~んてわたしがここでキモチ悪いとか言っても
PCだろうが生物だろうがとにかくマウスの複数形はmiceなので
四の五の言わずに覚えるしかないのであります。( ´△`)







今週もよろしくお願いします
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~





















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!











スポンサーリンク

本場の味は authentic  - 2017.02.24 Fri





海外旅行先で和食がたべたい!
でもなんちゃってジャパニーズレストランはイヤ。

ちゃんとした日本の和食がたべたい!!“o(><)o”



・・・という時
ホテルのコンシェルジュになんて聞きますか?

traditional Japanese restaurant?
real Japanese restaurant?

リアルガチ? (by出川師匠)





20170224.jpg



まあどれでも(リアルガチ以外は)
ちゃんと通じると思いますが

一発で思いが通じるのは

authentic (おーせんてぃっく)。



ホンモノの、とか 正真正銘の といった意味で
日常生活ではまさに食べもの関連でよく使われていて

authentic pizza とか authentic thai cuisine などと言うと
たぶん「本場の味」みたいな感じだろうなと思います。



最近日本でも話題の「民泊」に
外国人旅行者が求めているのは
まさにこの authentic だそうで

Airbnb(民泊サイト)のレビューにも

If you want to have an experience of the
authentic Japanese style living , this is the one.
(日本ならではの暮らしを体験したいなら、ここがおすすめ!)


というような書き込みがたくさんあります。


ところで「トラディショナル」と「オーセンティック」は
似たような意味の言葉だと思っていたけど

英語だと Traditional Authentic Recipe のように
両方使ったりするので不思議だったのですが


なんと authentic の意味は「ホンモノである」ことだけで
traditional のように歴史や伝統は必要ないらしいです。



あーなるほど!


ホンモノであることは
歴史や伝統に裏付けられていることも多いので
それでややこしかったのか!!!


ようやく違いがわかってスッキリ (*゜▽゜*)






<今日の単語> authentic
※クリックすると別窓でWebio辞書が開きます。











にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!









スポンサーリンク

"this", not "this"  - 2017.02.23 Thu






水原希子ちゃんがハリウッドでオーディションを受ける
(という設定なのか本当にそうなのか知らないけど)
英会話スクールのCM

今放送されている「レッスン編」では
either this Saturday or next Sunday
というフレーズをひたすら練習しているんだけど

either this の発音を徹底的にダメ出しされています。

イケメン先生の this と希子ちゃんのthis は
よくよく聞くと確かにちょっと違う気もするけど
どこがどう違うのかもよくわかんないし
そんなの個人差の範囲内じゃない?

という気がしてしまうのですが
たぶんネイティブが聞くと全然違うのでしょうね。



"this", not "this"


とかいう禅問答みたいなこと言われても
どこをどう直せばいいかわからん。











公式サイト(→)では
他のCMも見ることができますが
オーディションであんなフルボッコにされたら
泣きながらすぐ帰国するわ、わたし。il||li_| ̄|○il||li


まあ希子ちゃんが挑戦しているのは
「アメリカ人として演技できるほどのネイティブ発音」
というレベルなので
単に英語が話せるかどうか、というのとは
目指すところが少しちがう。

オーストラリアやイギリス出身の俳優さんみたいに
英語がネイティブでもアメリカ英語が話せないと
いつまでたっても「外国人の役」しかできないそうで

なるほどハリウッドで「普通の俳優」として活躍するのは
本当にたいへんな道のりなのだなあと思います。


なんとか通じればそれでよし、という
ひかえめな志のわたくしとは雲泥の差であります。



水原希子ちゃんのことは
別にファンでもなんでもなかったけど
このCM見てると応援したくなります。
がんばれ~!









わたしは手の届く範囲内でがんばる
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








スポンサーリンク

にやにやは微妙 - 2017.02.22 Wed






心の師匠・出川さんによる
(なぜ師匠なのかはコチラ→

めにめに (many many)
べりべり (very very) と並ぶ
三大よく出る言葉


にやにや (near near)



この間は「イノシシ」を説明するのに
にやにやぴっぐ (= near near pig) と言ってました。(笑)



もうこれは明らかに
「近い」 と言いたいんだろうなと
そこはものすごくよくわかるんですけども

「めにめに」や「べりべり」とちがって
「にやにや」はなかなか通じません。




201702221.jpg




この時アドバイスされていた通り
本当は similar to (のような、似ている)
という言葉を使うのが正解らしいですが

しかし「にやにや」言いたい気持ちもわかる。( ̄▽ ̄)


near は close と同様「近い」という意味で
距離が近い、と言いたい時は
ほとんどの場合どっちを使ってもOKなんだけど

たとえば
Mike and I are very close friends.
(マイクとわたしはとても親しい友人です)  のように

関係性みたいなものを表現したい時は
near じゃなくて close を使うそうです。

あとclose race (接戦)とは言うけど
near race とは言わない。

「惜しいっ!」という時は
close! と言うし。


でもいっぽう 「ニアミス」 = near miss というのは
『にやにやぴっぐ』 に近い感じかなあ?




・・・などということは一切考えず
結局グイグイ通じさせてしまうところはさすがです、師匠。














何度見ても大爆笑
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!













スポンサーリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
わたしと英語 (15)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (38)
ニュージーランド生活 (10)
映画・音楽・テレビ (7)
今日の単語 (26)
お店で英語 (8)
グアム生活 (25)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (90)
職場の英語 (20)
使えるフレーズ (58)
カタカナ英語 (15)
ニュースの英語 (18)
旅の英語 (17)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (3)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク