topimage

2017-11

ここがアピールポイント - 2017.11.17 Fri





お世話になっている大家さんにも
届いた本を1冊差し上げたのですが
自費出版だと思われてました。

そりゃそうだよねー。
そう思うのもムリないですよねー。

なので念のため申し上げておきますが
自費出版ではありません。(笑)

いやーホントありがたい。
自費出版だったらこんなにいろんな本屋さんに並ばないし
その前にこんなにちゃんとした本作れません。( ´△`)


ちなみに「書籍化」とはいってますが
半分以上は今回のための書き下ろしです。



201711171.jpg



でも
「ブログなら無料で読めるのに
わざわざお金出して本を買う意味ある?」

・・・などとわたしなんか思ってしまうので
ブログそのまま、というのはほとんどないです。


そしてこの青い部分を含めて
各ページにはミニコラムが載ってます。

この欄外みたいなとこにちょっと書いてある
小ネタみたいなやつ
お得感もあって読むの好きなんですけど


書くのは大変よ ┐(´-`)┌



201711172.jpg




でもいただいた感想には
ココに触れてくださるかたも多くて
すごくうれしいです。

そうですココ気づいて欲しかったとこ! (泣)


話をいただいた時はもっと
ユルユルなエッセイ本程度かな?と思っていたのですが
中身を詰めていくと意外にけっこうマジな英語本になり

いやーそれじゃお勉強っぽすぎですよー
わたし先生でもネイティヴでもないし
そもそも英検3級なわけですし! (・Θ・;)

みたいな紆余曲折がありつつ
こんな内容に落ち着きました。


なので基本的に

あくまでわたしが体験したこと

がベースになっています。


一般的な意味や使い方ではなくて
なるべく実際のエピソードをからめて
エッセイ風にご紹介 ・・・しているつもり。


そのへんがこの本のアピールポイントです。

ちなみにアピールポイントは和製英語で
英語だと selling points (← 複数形!) だよ。








週末のお供に1冊いかが?
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~








しつこいけどこれで1100円は超おトク!









スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!






スポンサーリンク

プロだけじゃない professional  - 2017.11.16 Thu







永岡書店のかたが
三省堂書店・池袋本店の様子を送ってくださいました。

書店での撮影はルール違反だそうですが
こちらは撮影・掲載ともに許可をいただいております。

POPを持参してコンテストのことなど説明したところ
面白い!とその場で飾ってくださったとのこと。

ありがとうございます!! <(_ _)>


20171116.jpg


その他あちこちの書店さんで
平積み(↑こういう陳列方法)
面出し(↓こういうの) してくださっています。



201711161.jpg



本当にありがたいです。
出版社のみなさま、書店のみなさま
そしてもちろん買ってくださったみなさま
ありがとうございます。

こうして見るとこの表紙
けっこう目立ちますね!(*^m^*)



ところで昨日のちょっと続き。

professional というと
いわゆる「プロ」、専門家、みたいなイメージですが

ニュージーランドでフラットメイト(=ルームメイト)募集の広告に
must be professional = プロ必須
などとよく書いてあって

シェフとか美容師みたいな
手に職があるひとじゃなきゃダメなの?
「プロ彼女」的な??? ( ・◇・)???

と大混乱していました。


この場合の professional
職業に就いているひと という意味。
つまり働いてるひとに限る、ということです。

まあ社会保障がなにかと手厚いニュージーでは
働いてないひともけっこういるし
観光ビザで滞在してる外国人も多いので
わざわざこんな風に書くんでしょうね、きっと。


というわけで
professional の意外な使い方でしたー。









それではよい1日を!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!







スポンサーリンク

ベテランとveteran - 2017.11.15 Wed






先週の土曜日、11月11日は
Veterans Day という祝日でした。

Wikipediaによると日本語では
「復員軍人の日」。 (→

「ベテラン」というと熟練したひと、
みたいなイメージがありますが
実は英語と日本語でちょっとニュアンスが違います。




20171115.jpg



どうやらラテン語まで遡ると
「古い」という意味があるらしいのですが

現代の英語で veteran は
「退役軍人」
という意味で使われています。

だからこの言葉
平和なニュージーランドではほとんど聞かなかったけど
基地の島グアムではよく
Vietnam Veteran とか Afghan Veteran
と書いたステッカーを貼っている車を見かけます。

ああこのひとはベトナム戦争や
アフガン戦争から生還したんだな ・・・と思うと
今までニュースの中でしか知らなかったことが
一気に現実として迫ってくる。


日本語的な意味の「ベテラン」なら
expert (いくすぶーと)
professional (ぷろふぇっしゅのー)
がイイと思いますよー (・ω・)b









そうだprofessionalにもうひとつ意味があった!また明日♪
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~









Amazonでは本日発売!

英検3級でもどうにかなる英会話








スポンサーリンク










こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!







スポンサーリンク

POPできました! - 2017.11.14 Tue








本が届きましたー!(*゜▽゜*)



201711145.jpg
出版社の方がたくさん送ってくださいました。




最初にお話をいただいたのが1月なので
10か月間かかわってきたのですが
こうして実物を手に取ると感慨深い。

自分で言うのもおこがましいですけど
こうしてまとめて読んでみると
けっこうボリュームがあって
なかなか役に立つような雰囲気が
かもし出されています。

かもし出されているだけですが。(´艸`)



そしてPOPも完成したもようです。

まずはchabaa128 さんによる大賞作品がコチラ。


201711143.jpg



うーん、やっぱりイイね。(・ω・)b

編集部の方の手書きだそうですよ。
フォントみたいにきれいな字だなあ。

おかげさまでAmazonで1位がとれたので
ロゴを使わせていただけることになったそうです。

これがあるとなんか説得力ありますね!
すごいすごい!
ありがとうございます。


そして永岡書店賞 ももこ さん の作品


20171114.jpg


インパクトあるー!!!

さすが出版社のかたが選ぶのは
こうしてPOPになった時に映えますね。
なるほどー。


そしてKinako賞 放浪くじら さん の作品。


201711142.jpg


いいじゃないイイじゃない。
これやっぱり好きだわ、わたし。


受賞者の皆さまには書籍と共に
POPの現物もお送りします。

プレゼント当選者の皆さまも
もうすぐ届くのかな?
届いたのかな?

なんかそんな感じです。(テキトー)


というわけで書店でこのPOPを見かけたら
そっと手に取ってパラパラとめくり
「おおー!w(゜o゜)w 」 などと
大げさに驚いてみたりしてください。(笑)



最後にもう一度 paging
カレンダーセットに当選された マドカ さん
まだ連絡がついておりません。
donikaeigo☆yahoo.co.jp まで(☆をアットマークに代えて)ご一報ください。










PART2も作れますように( ̄▽ ̄)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!





スポンサーリンク

英語できます!のレベル - 2017.11.13 Mon





昨日テレビで「シン・ゴジラ」を放送していて
上映当時からなにかと言われていたけど

テレビを観ていたひとたちの中でもやっぱり
石原さとみちゃんの英語が下手だの
発音が悪いだのとさんざんの反応で
あ~またか、とうんざりしました。

まあたしかに『おばあちゃんが日本人の日系アメリカ人』
つまりほとんどアメリカ人の英語とはちょっと違うなと思ったけど

でも実際の石原さとみちゃんは
英会話スクールのCMでもおなじみの通り
ちゃんと英語が話せるひと。

それなのに「たいしたことない」
などとよく言われています。


逆に小さい頃ちょっと英語圏に住んでいた俳優さんだと
実際そんなに変わらないなというような発音でも
やたらと「さすが帰国子女!」などとホメられたりして

さらにぜんぜん英語ができない「出川イングリッシュ」は
すばらしい!と絶賛される不条理。 (Θ_Θ;)


英語が話せる、といわれる芸能人を叩いたりするひとたちは
なんというか、面白くないのかなと思います。

帰国子女でもないのに英語が話せる、というのが。



20171113_20171113074339f11.jpg



俳優の福士蒼汰くんなんかは
すごくがんばって英語を勉強していて
英語でスピーチしたりしていたけど

そういうのを観てもやっぱり
「あれで英語できるなんてよく言えたもんだ」
みたいな意見があったりして感じ悪い。(・3・)


英語できます 

と言うにはいったい
どれほどのレベルを要求されてるんだろうと思います。


石原さとみちゃんも福士蒼汰くんも
ちゃんと自分の意見が言えるだけの英語力があるし
(と、わたしが偉そうに言うのもナンですが)

もうぜんぜん十分だと思うんですけどね。
気に入らないんでしょうね、きっと。

ホントお気の毒だわ。


英語圏に住んでみるとわかるけど
いわゆる「ネイティブ発音」じゃないけど
ネイティブ(そこで生まれ育った)なひと
・・・というのはたくさんいる

というかむしろ
そういうひとのほうが多いかもしれないです。

インドとかスペインとか中国みたいに
自国の訛りがあってもネイティブなひとがたくさんいる。

英語なんて単なるツールなんだから
ちゃんと通じればいいじゃないの。

なのでもうそろそろ
他人の英語を批評する風潮は止めないかなあ。


・・・と、英語圏在住20年以上だけど
ネイティブ発音には程遠いわたしは思うのであります。





そんなわたしが書いたこちらの本
絶賛発売中!! (説得力なし)







今週もよろしくお願いします
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~






楽天ブックスはこちら

(しつこくてすみません)







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!


スポンサーリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 11月10日発売 +++


Amazon にて絶賛予約受付中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (18)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (40)
ニュージーランド生活 (11)
映画・音楽・テレビ (8)
今日の単語 (27)
お店で英語 (8)
グアム生活 (30)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (95)
職場の英語 (21)
使えるフレーズ (64)
カタカナ英語 (17)
ニュースの英語 (20)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (10)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク