topimage

2017-09

困ったアノ質問撃退法 - 2017.01.27 Fri






海外では女性に年齢を聞くなんて
そんな失礼なことしない

・・・と思っていましたが
NZでもグアムでもガンガン聞かれます。

むしろ日本よりストレートに聞いてくる。


でももっとビックリしたのは
子供がいるかいないか
そしていないならばWHY!?

みたいなことをゴリゴリ掘ってくること。

さすがにNZでは
(というかオークランドはいちおう都会だったので)
そこまで詰め寄られることはなかったのですが

グアムはものすごいです。 )゜0゜(




20161006.jpg



まあ悪気はないのは明らかで
たぶんカソリックで子だくさんが当たり前の
南国の田舎の島なので
子供がいないなんて意味わからない

・・・ということなのでしょうが
子ナシに対してとにかく容赦ない。


相当イイ年になっていても
「なぜいないの?」
「なぜつくらないの?」
「まだ努力しているの?」
「早く子供を持ちなさい」 と
剛速球のストレートで攻めてきます。┐( -"-)┌

わたしはともかく
他人が攻められてるとドキドキする。
そのうちブチ切れるんじゃないかと思って。



そんな時あるひとがニッコリ笑って



I'm expired. ヽ( ´ー`)ノ




と冗談ぽく返しているのを見て
おおっ、これは上手い! と思いました。


ちなみにこの時答えていたのは
わたしよりずっと若い男性。

なのでexpire= 女性として年齢的にもうムリ
・・・という意味ではなくて


ユーモアがありつつ
それ以上のツッコミをビシッと断れる
かといって気まずくもならない、という

ありそうでなかなか見つからない
うまい回答だなと感心しました。


今度つかってみよう。







・・・と思ったけど
わたしが言うとシャレで済まないわ(´艸`)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくお願いします
「☆つれモナ☆」にGO!






関連記事

スポンサーリンク

● COMMENT ●

18歳で郷里を離れた夫は東北の出身。
近所の川に鮭が溯上してくるような自然に囲まれたところ…といえば響きはいいけれど、陸の孤島、文明に置き去りにされた土地。
「鮭だって故郷に帰ってくるんだ。僕もリタイアしたら帰りたい」が口癖の夫。
「私ら、産卵期終わってますやん。もういいですやん」と返すツマ。
グアム暮らしはキツそう。
でもその男性とは仲良くなれそうです。

私はI've graduatedって言ってました。
次はI'm expiredにしてみます。きっとそっちの方が年齢的にもよりふさわしいはず・・・

私はWe don't need to have a child to be perfect と答えます。
だってほんとにそうなんだもの。
大好きな夫とずっと2人でいたいからねーって。
子供がいた方がいない方が幸せってのがそもそも間違いで
どっちも違うタイプの幸せなのだから対等だと思ってます。

うちは、欲しかったけれど授からなかった口。

そこまでする気は毛頭なかったけど、婦人科の専門医が熱心に薦めるものだから
IVFの専門医へも一応行きました。
そこでは「とにかく卵が古いから」って何度も言われて、
保険のきかない高額診療費を支払って、心ズタズタになって帰りました、

話はグアムに戻して...

わたしと同じ状況の人は少ないとしても、実際にいる訳なのに、ね。

アメリカには自分のことだけの人が如何にたくさんいるかが
特に強く今回の大統領選から窺い知れたような気がします。

えーこれはかなりびっくりしました。失礼、、ですよね?これ、職場でもそうですか?こちら(ニューヨーク)の私の職場ではそういうことは触れちゃいけない!みたいな雰囲気だから。あと、あんまり結婚とか、宗教、政治その他諸々、個人的なことも自分から話を振らないかぎり、皆聞かないし話題にしないです。天気とか、犬とか、食べ物とか、あたりさわりない話してます。年齢も論外で、女同士でもきかない。今の職場結構長いけど、週末遊ぶくらい仲良い人でもいくつなのかとかさっぱり。ソーシャルな場面でも、聞かれたこと記憶にないぐらいです。やっぱり都会で、いろいろな人が暮らすからですかね。それとも私がただラッキーだけなのか。。よい切り返し方とか、きなこさんはうまくやれそうだけど、でも、やっぱり怒らないきなこさん、えらいです。

アメリカって個人主義な感じだから、干渉しないかと思いきや個々の思想に自信があるからかグイグイ来るときありますよね。片田舎だと、シングルだとか無宗教に割と理解薄かったですねー。

でも、彼氏いないーって言ったらじゃあ、好みを言って!あなたのためにboyshoppingして来るわ!とナナメ上の返答してくれたりバイタリティあふれる面白さは好きですけどね笑

連投スミマセン、昨日会社のトンガ人の女性とちょうどこういう話しをしてたら、アイランダーはこういう質問に遠慮なくかなりグイグイくる、と言ってました。アメリカというよりグアムだからそんな傾向にあるのかしら、とふと思いました。

結さんのコメント読んで思ったのですが、日本もアイランダーだからグイグイ聞いてくるのかな?
アメリカ内陸部ではそういうグイグイ感は無かったですが、"Do you have children?" は聞かれました。
んで"We have a four legs baby." と答えると大抵それ以上突っ込んで来なかったです。
でも犬猫好きさんだと、そこから話が終わらなくなる(笑)

すごいグイグイ!!

きなこさん、こんにちは。

へぇ~、グアムだとそこまでグイグイなこと多いんですか~。
本当にびっくりしました。

だって、アメリカではMr.とMrs.を明確にするのはアレだからって、
Ms.という言葉ができたくらいの国でしたよね。

やはりここはグアム的グイグイなんでしょうか。
いや~参った参った。

ちなみにうちは一人息子ですが、それはそれでけっこうたいへんでした。
各方面から、一人っ子はかわいそうとか、けっこう言われて。

ところで、婦人科はもちろんのこと内科受診するときの問診票に
妊娠に関する質問がありますが、今度から
「有効期限切れ」と書こうかな爆




MsとMrsの間違いでした。

きなこさん、先ほどのコメントの
アメリカではMr.とMrs.を明確にするのはアレだからって
は、Ms.とMrs.の間違いでした<(_ _)>

お返事です

>momoさん
リタイアしたら都会に限りますよ。
車必須の環境は厳しいわー、と実感します。


>ぴちさん
graduated いいですね!!!
なんかお上品でステキ。


>結さん
大好きな夫とずっと二人でいたいだなんて!!!
はあ~なんというラブラブカポー。(*´ -`)(´- `*)


>たらこさん
そうなんですよグアムでは精神的にもキツイだろうなーといつも思います。
ちょっとビックリするぐらいしつこく言われるんですよ!


>akiさん
やっぱり都会と田舎(ド田舎)の違いだと思います。
わたしは都会育ちなのでこの閉塞感がマジで苦しい。。。


>かなかなさん
NZの田舎はもそんな感じでした。あのぐらいだといいんですけどね。
グアムはそのさらに下を行く感じで、強烈です。


>結さん
グアムを含めアイランダーは基本みんな子沢山だしファミリーの絆が強いですよね。
その環境で子供ができないと辛いだろうなあと余計な心配してしまいます。


>とちみしさん
NZやAUSではサモアとかトンガなどからの移民がとても多いので
そういう南の島々出身のひとたちのことを「アイランダー」と呼ぶのですよ。


>わんこ師匠さん
ホント子供がいなきゃ作れと言われ、1人産めば2人目は?と言われ
いったいどこまで行けばテキは満足するんでしょうね?

他の人にも苦労させたいのでは?

はじめまして、こんにちは。吉田兼好は、徒然草に、
子供なんていない方がいい と書いているそうです。
もし、子供が凶悪犯とかになってしまったら・・・。(ちょっと大げさですが)
http://tsurezure.choice8989.info/main/tsurezure2.html
ちなみに、↑ 対訳ドラえもん で、泣いているのび太の背中をさすりながら
お母さんが、日本語 よしよし。英語There there.
というのを見たことがあります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/140-77b5b3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オトナのBehave yourself «  | BLOG TOP |  » craving for VS dying for

スポンサーリンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめまして (1)
わたしと英語 (15)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (38)
ニュージーランド生活 (10)
映画・音楽・テレビ (7)
今日の単語 (26)
お店で英語 (8)
グアム生活 (25)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (90)
職場の英語 (20)
使えるフレーズ (58)
カタカナ英語 (15)
ニュースの英語 (18)
旅の英語 (17)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (3)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク