topimage

2017-11

イギリス英語とアメリカ英語 (スペル編) - 2016.05.10 Tue





イギリス英語とアメリカ英語の違い
いろいろありますが

実は同じ言葉でもスペルが違ったりするのです。


たとえばショッピングセンターとかの
CENTER は、アメリカ英語。

イギリス英語だと CENTRE です

間違えてEとRを逆に書いちゃったんじゃないよ。( ´ω`X



あと「プログラム」も
アメリカ英語だと PROGRAME だけど
イギリス英語だとPROGRAMME と
「M」がひとつ多いのです。

「ライセンス」もアメリカはLICENSEでイギリスは LICENCE

「カラー(色)」はアメリカが COLOR でイギリスは COLOUR

「チェック(小切手)」はアメリカがCHECKでイギリスはCHEQUE

などなど、こちらも枚挙にいとまがない。




20160082.jpg





わたしは語学の専門家ではないので
詳しいことはサッパリわからないのですが
これらのスペルはフランス語の影響がとても強い

・・・ような気がします。


なにを隠そうわたしは英検3級ではありますが
フランス語検定は2級なので <( ̄^ ̄)>
(どっちも中途ハンパ )

フランス語っぽいイギリス英語
(のグループに属するニュージーランド英語)は
まったく違和感なかったのですが


グアムに来てからは
スペルの間違いを指摘されることがとても多く
いちいちものすごく落ち込む日々。


まあ仕方ないですけども。


でもイギリス風のスペルね、ではなくて
間違ってるわよ英語できないのね!( ̄w ̄) 
。。。みたいな対応されると

さすがに温厚な(ウソ)わたしでもムッとするのです。


アメリカ英語だけが正しいと思ったら大間違いですわよ。


と、流暢なイギリス英語で反撃してみたい。
いつか。(願望)










ランキング参加中ですわよ。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ







関連記事

スポンサーリンク

● COMMENT ●

アメリカ英語とイギリス英語違いますよね・・・。
私の知り合いの子どもが一年オーストラリアに留学して、
日本の学校に帰ったら、担任の先生に「あなたの英語は間違ってる」と言われ、
その後授業で発言しなくなったそうです。
我が家も来年子連れで日本に帰る予定です。
子どもたちにはアメリカ英語とイギリス英語があることや
日本ではアメリカ英語を教えていることを伝えて、
本人の英語が間違っているわけではないと言おうと思っています。

ハリーポッターもアメリカ英語版が別に出てますよね~。イギリス人が原作で、舞台もイギリスなんだから、英語もそのままでいいんじゃないかと思うんですが(タイトルまで微妙に変わってたし)。

インドのホーリー祭(色水とか粉をかけまくるお祭り)にちなんでアメリカで始まったColor Runというイベントがありまして、走りながらいろんな色の粉を投げられるというものなのですが、始まりがアメリカなので、こちらオーストラリアでもColor Runが正式名称なんですって。それについての説明も一応イベントのウェブサイトにも載ってるんですが、それにクレームが来るらしいですよ!「オーストラリアなんだからアメリカの表記はやめろ!」と・・・。こんなことでクレーム入れる人も結構いるんですねえ。

きなこさん、フランス語もいけるのですね、素敵です。イギリス英語は、フランス語っぽいですね〜。
出川さんの初めてのおつかいは、英語の授業の教材としても使われていると聞いたことがあります。あの度胸は、凄いですよね〜。
See you later!! 以前に旅行したモロッコで、ホテルの横のお土産物屋さんのおじさんが顔を合わせる度に言ってのを思い出しました。

色んなスペルが違うんですね〜。発音も全然違うからアメリカ英語に慣れた私はイギリスの方の英語は難しく感じます。オセアニア英語(と言っていいんでしょうか)も言い回しとか色々違う気がして早口だといまいちわからなかった思い出が。。重要なところのスペル違いといえば、Mum と Momもありませんか?オージーと結婚した友達が、ママのことをMumとスペルしていて、驚いた事があります。そんな基本的なスペル、自分ずっと間違えてたのか!?とあせって調べてしまいました。

フランス語も、でしたかヽ(*'0'*)/

きなこさん、こんばんは

センターの綴り(古っ)、チェックの綴り・・あれ?フランス語?と
思っていたら、案の定、フランス語の影響をとても受けていたのですね。

実は私は、数年間、東京のアテネフランセでフランス語を勉強したのですが、
今やすっかり動詞の活用など忘却のかなたです(;´▽`A``

先日、カセット=K7とお書きしたら、きなこさんの反応が鋭かったので、
もしやと思ったら、いやすばらしい、仏検2級受かっていらしたんですね、
私にはとてもとても考えられません。

いま、思いついたんですがイギリスでは、青は「Blue」ですか?「Bleu」ですか?

私は、実は美しい響きのフランス語の方が、英語より好きなんですが、
今はまた英語を習っています。

毎日英語に触れていないと、これまたどんどん忘れていってしまうのが悲しいです(T T;)

私が生まれて初めて触れた、生の英会話の相手はイギリス(スコットランド)人で、その後もヨーロッパ系の人の英語に触れる事の方が多かったので、ヨーロッパ人の話す英語の方が分かりやすくて、アメリカ人の英語ってなんか苦手なんです。

その苦手なアメリカ人と必死に話している時に
「あなた昔フランスに住んでた?」
と聞かれた事が2回程あります。
私のカタコト英語にはフランス訛りがあるんだそうです。(カタコトなのに!)
唯一、短期間、英会話を習っていたプライベードレッスンの先生がカナダ人(英語とフランス語のバイリンガル)だったので、そのせいかな?と思っていたんですが、きなこさんの「イギリス英語はフランス語っぽい」説を聞いて、あ!そういう事なのか~と思いました。

お返事です

>こたこさん
それホントに罪だと思います。
「大阪弁は間違った日本語」とか言われるのと同じくらい無知なことですよね。


>結さん
知らなかった!アメリカ英語版なんかあるんですか?
他の文化を認めないアメリカあるあるだなあ、イヤだなあ。


>mimiさん
おじさんは本気で「お買い物に来てね!」って言いたかったんでしょうね。
たぶんね。


>あおぞらさん
そうです!わたしは逆にグアムに来てMOMってなに?と思った。
自分がずっと間違ってたのかと思いました。


>アストリッドさん
わたしもアテネフランセに通ってましたよ!
大学4年間+その後2年間フランス語漬けでした。(でももう忘れた)


>makimakiさん
日本人にはイギリス英語のほうが発音も聞き取りもラクだと思います。
アメリカ英語はほんとにむずかしい!

まだ若いころ(笑)、イギリス英語がかっこよく見えてアメリカ在住、イギリス行ったこともないのにわざとイギリスの綴り使ってました。といっても大して知らないので er -> re、o -> ou ぐらいでしたが。

でもたまに古い・伝統ある施設だと centre とか theatre とか書いてあるのを見るので、アメリカ人って単に面倒くさくなって余分な文字を省いたり発音通りに綴ってしまったんじゃないかなー、なんて思ってしまってます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/16-3c487623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HELPありなし «  | BLOG TOP |  » 出川さんに学ぼう!

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 11月10日発売 +++


Amazon にて絶賛予約受付中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (18)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (40)
ニュージーランド生活 (11)
映画・音楽・テレビ (8)
今日の単語 (27)
お店で英語 (8)
グアム生活 (30)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (95)
職場の英語 (21)
使えるフレーズ (64)
カタカナ英語 (17)
ニュースの英語 (20)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (10)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク