FC2ブログ
topimage

2018-10

キャサリンはカトリーヌ - 2016.12.15 Thu






名前つながりでちょっと昨日のつづき。


欧米(とザックリ言うのもアレですが)の名前って
キリスト教の聖人の名前に由来していることが多いので
国によって発音やスペルが少し違うだけで
基本的に同じ名前だったりします。


たとえば Catherine (キャサリン) という名前

これ英語だとキャサリンですが
フランス語だとまったく同じ綴りで
カトリーヌ になります。


わたしは大学時代フランス語を専攻していたので
英語は第二外国語でみんなヤル気なし。

授業でテキストを音読すると
キャサリンじゃなくてカトリーヌと読むひと続出で
英語の先生がいつも NO!! と怒っていた

・・・というのを唐突に思い出した、今。(´艸`)





20161215.jpg





というわけで

キャサリン (英語)
カトリーヌ (フランス語)
カテリーナ (イタリア語)
カタリーナ (スペイン語、ドイツ語)
エカテリーナ (ロシア語)

このへんはみんな
聖カタリナ という聖人の名前から生まれた
同じルーツを持つ名前なのです。


すごいなあ
世界はつながっているんだなあ

ていうかキリスト教すごいなあ。(*゜o゜*)~゜


ちなみに今日の写真は
サンクトペテルブルグのエカテリーナ宮殿 
ですが

これ英語だと
セントビーターズバーグのキャサリン宮殿
になります。



なんかちょっとイメージ変わりませんか?

どうですか?








重厚感が3割減ぐらいな感じ(当社比)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!








関連記事

スポンサードリンク

● COMMENT ●

ぬぬっ・・・(゜_゜ノ)ノ
変わる変わる!めっちゃ変わりますー!
エカテリーナ宮殿のあの煌びやかで優美なイメージが・・・
ディズニーランドのアトラクションみたいというか、
めっちゃカジュアルになっとる・・・(^_^;
おもしろーい o(≧▽≦)o

ボブもロバートもキャサリンもカトリーヌもなにがなんだか(O_O)です。。
永遠に理解できる気がしない。。

世界共通のコミュニケーションツールの絵文字は素晴らしいなと思いましたm(_ _)m

地名

海外に行ってカーナビ付きの車に乗るようなことにならないことを祈ってしまいました。
聖人だけでなく、天使の名前も人名に使いますよね。大天使ミカエル由来で
マイケル(英)、ミヒャエル(独)、ミシェル(仏)、ミケーレ(伊)、ミゲル(ポルトガル)、ミハイル(露)っていう感じで。

日本人の名前が漢字でそれぞれ意味があるように,英語の名前にも意味がありますよね。
我が家にホームステイしたザック君の名前よく調べるオンライン辞書によるとは宗教的
な意味がありました。ただし,両親がそういう意味を込めて名付けたのかはわかりませ
んでした。ただ,母方の祖父母が牧師なので,そういう意味を込めての命名が予想され
ます。私の名前は「和」という漢字を使うので意味を重視すると英語名はOliverとなり
ます。まぁ,英語圏の友人には"Kazz"と呼んでもらってますがね。

重厚感が3割減!爆

きなこさん、お早うございます。

>キャサリンじゃなくてカトリーヌと読むひと続出で
英語の先生がいつも NO!! と怒っていた
←想像するだけでお怒りの先生の様子が目に見えるようで、たいへんつぼに
はまりました\(^o^)/

世界に幅をきかせて久しい英語ですが、名前に関してはあまり
わび、さび、が感じられない気が・・・。

個人的にはフランス語を、French, パリをパリスと発音するところに
違和感全開です。

欧州人(多国籍)の人達と話していた時に
「昨日リチャードがね~~」
「そうそう、リックが~~」
って会話になって、ふぅん、みんなの共通の知り合いにリチャードって人が居るんだ~と思って話を聞いていたら、私もよく知っているリヒャルドさん(ドイツ人)のことだった、ってことがありました。

勿論、知識としてはリヒャルド=リチャード、って知ってましたが、普段リヒャルドって呼んでるんだから、あの人はリヒャルドでリチャードじゃないでしょ?!、って思ってしまいました。

世界遺産のモン・サン・ミッシェルも、聖マイケル山、だと全然素敵じゃないです(笑)

むかしアメリカ行きの国際線の機内音楽でクラシックのチャンネルを聞いていたら、モーツァルト (Mozart) がモザートに、ベートーヴェン (Beethoven) がベーソーベンに、ショパン (Chopin) がチョピンになっていたのでひどくがっかりした記憶があります。 いまはどうなんでしょうねぇ。

まぁ、きなこさんもご存知と思いますが、うわさによると、チャールス・チャプリンもフランスではシャルル・シャプランと呼ばれているということでおたがいさまかなぁ、とは思いますです。

お返事です

>chikakoさん
ですよねーですよねー!!!
なんか安っぽく(失礼)なりますよねー。


>ぷたさん
顔文字 (#^.^#) も素晴らしいと思うんですけど
英語だと使えないのが残念ですね。


>彪夜さん
わたしもミッシェルがマイケルだと知った時は
雷に打たれたような衝撃をうけました。


>Kazzさん
宗教以外では自然に関する名前も多いですね。
空とか大地とか、あと月(Aprilみたいな)の名前とか。


>アストリッドさん
わたしは英語でrestaurant の「t」を発音することが
ものすごくキモチ悪かったんですがもうすっかり慣れました。_(^^;)ゞ


>makimakiさん
ほんと名前はややこしいですよねえ。
ヨーロッパ人のみなさんは混乱しないのかしら。


>m.i. さん
バッハも「バーク」とか「バック」と発音されることが多いみたいですね。
まあ日本語読みも現地の発音とは違ったりするのでお互いさまですね、きっと。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/197-7e81b2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

折り返しお電話 «  | BLOG TOP |  » ボブはロバート

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (44)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (34)
名言・格言 (6)
暮らしの英語 (115)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (20)
ニュースの英語 (23)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (13)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク