topimage

2017-10

にやにやは微妙 - 2017.02.22 Wed






心の師匠・出川さんによる
(なぜ師匠なのかはコチラ→

めにめに (many many)
べりべり (very very) と並ぶ
三大よく出る言葉


にやにや (near near)



この間は「イノシシ」を説明するのに
にやにやぴっぐ (= near near pig) と言ってました。(笑)



もうこれは明らかに
「近い」 と言いたいんだろうなと
そこはものすごくよくわかるんですけども

「めにめに」や「べりべり」とちがって
「にやにや」はなかなか通じません。




201702221.jpg




この時アドバイスされていた通り
本当は similar to (のような、似ている)
という言葉を使うのが正解らしいですが

しかし「にやにや」言いたい気持ちもわかる。( ̄▽ ̄)


near は close と同様「近い」という意味で
距離が近い、と言いたい時は
ほとんどの場合どっちを使ってもOKなんだけど

たとえば
Mike and I are very close friends.
(マイクとわたしはとても親しい友人です)  のように

関係性みたいなものを表現したい時は
near じゃなくて close を使うそうです。

あとclose race (接戦)とは言うけど
near race とは言わない。

「惜しいっ!」という時は
close! と言うし。


でもいっぽう 「ニアミス」 = near miss というのは
『にやにやぴっぐ』 に近い感じかなあ?




・・・などということは一切考えず
結局グイグイ通じさせてしまうところはさすがです、師匠。














何度見ても大爆笑
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!












関連記事

スポンサーリンク

● COMMENT ●

私も見ました!
空母をスカイママとか、ほんと、予想の遥か上を行くぶっ飛び度。最初、
こんなん見たら、英会話勉強するモチベーション下がるわー。って、思ってましたけど、段々、あのどうしても、伝えてやる!という執念、粘り、間違いを恐れないココロ、それこそが、日本人の英会話学習に足りないものでは?と、深く考えるように。
師匠、素晴らしいっすわー。
(*'▽'*)

師匠のあの一生懸命さにいろんな人が手を差し伸べてくれるんでしょうね。
どんな言葉も「伝えようとする気持ち」が大切なのねん。

その翌週に

出川氏は『この企画、俺には見えない。なぜなら普通に通じちゃうから』
って言ってたとスタッフの方が言っていてまた笑いました。
すげーなー。出川師匠。

お返事です

>とも。さん
スカイママはびっくりしましたねー!!!!
すごいわ、それで通じると信じているところがすごいわ師匠!


>せなさん
ほんとですね!
伝えたいこととその気持ちが大事。


>ちづまるさん
もうホントに何周も回ってすごいです、師匠。
尊敬いたします。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/248-f0941a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

"this", not "this"  «  | BLOG TOP |  » 野菜室 は crisper drawer

スポンサーリンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (15)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (40)
ニュージーランド生活 (10)
映画・音楽・テレビ (8)
今日の単語 (27)
お店で英語 (8)
グアム生活 (28)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (93)
職場の英語 (20)
使えるフレーズ (61)
カタカナ英語 (16)
ニュースの英語 (19)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (1)
英語で説明 (2)
雑談 (4)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク