topimage

2017-12

コクるとは英語で? - 2017.03.15 Wed






そういえば昨日はホワイトデーでしたが
昔(昭和時代)はバレンタインデーに告白して
OKならホワイトデーにお返しがもらえる

・・・みたいなマジでドキドキする日
だったような気がします。

どうでしょうね。
(昔すぎて覚えてない)


ところでそういう「告白」することを
「アタック」などと言ったものですが
今は言わないのかなあ。
どうかなあ。

なんて昭和の思い出シリーズみたいだけど
まあとにかくその「アタック」ですよ。




20170315.jpg




「コクっちゃいなよ!」と言うつもりで
Attack him!! と言うと

彼を襲撃しろ!
という恐ろしい意味になってしまうので要注意。

もちろん I'm going to attack him, もNGです。
捕まるかもしれません。(´艸`)



じゃあ何て言えばいいのかというと
まあわたしもコクったりコクられたりする年でもないので
残念ながらよく知りませんが

ask him(her) out
つまり「デートに誘う」というのが
「告白する」に当たるみたいです。

ていうか「告白する」という行為自体
日本独特の文化(?)みたいです。


辞書で調べると confess というのが出てきて
たしかに He confessed his love to her. などと
「愛の告白」という意味もあるのですが

なんかちょっと重い。(´ヘ`;) 


あと confess というのはなんとなく
罪の告白とか懺悔とか
そっち方面のニュアンスが強いような気がします。



ああ、昨日に続いて
今日もわたしにご縁のない話題でありました。( ´△`)













どうぞひと押し。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!







関連記事

スポンサーリンク

● COMMENT ●

襲撃に爆笑です(笑)
語学大事!!

知っている語彙で

I'm going to tell her / him I love her / him.ていうのは
どうなの?ちょっと長いけど。

「好きって気持ち(秘め事)を言う=告白」。確かに日本っぽい。
松たか子さんの主演映画「告白」の英語の題名がまさにConfessionですよね。告白っていうと、まさにあんな重たい感じです。
なんなら I love youもだいぶ重たいですよね。
ホワイトデーも「好きっていうことへの返事を1か月も待つ」っていうのもすごく日本っぽい。
何で?その場で言えばいいじゃん。って思うのは私だけかしら。

お返事です

>たたさん
ヘンに誤解されて事件になったりしかねませんからね。
言葉は大事ですよね。


>Kazzさん
コクる=これからお付き合いするかも、という時点でloveは重い!
デートのお誘いぐらいがよくないですか?最初は。


>結さん
付き合ってもいないひとから I love you なんて言われたら
ちょっと怖いですよね。しかもそれをconfessなどされたら。。。)゜0゜(


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/263-1b7f4aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サクラがOPEN «  | BLOG TOP |  » rich と wealthy

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 11月10日発売 +++


Amazon にて絶賛予約受付中!

認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (18)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (40)
ニュージーランド生活 (12)
映画・音楽・テレビ (8)
今日の単語 (28)
お店で英語 (9)
グアム生活 (32)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (101)
職場の英語 (25)
使えるフレーズ (65)
カタカナ英語 (17)
ニュースの英語 (20)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (2)
英語で説明 (2)
雑談 (11)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク