topimage

2017-12

「なにじん」とは何なのか - 2017.10.06 Fri








カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞。

去年「わたしを離さないで」のドラマを見て原作を読み
ものすごい衝撃を受けたという(→
ただそれだけのご縁ですが
なんだかとてもうれしゅうございます。

これを機に他の作品も読んでみよう。

イシグロ氏の英語はとても美しいから
ぜひ英語で読んでほしいという意見をみたので
Kindleで挑戦してみようかなと思います。








ところでイシグロ氏は

日本人のご両親のもとに生まれ
5歳まで日本で育ちその後イギリスに移住
27歳の時にイギリス国籍を取得 (Wikipediaによる

という経歴から
ネットやニュース番組を見ていると
「日本人だ!」「いやイギリス人だ!」など
いろんなご意見があるみたいです。

海外に住んでいるとイシグロ氏のような人はたくさんいて
というかむしろこういう感じのほうが「普通」だったりするので
わたしはまったく何の違和感もなかったのですが

なるほど日本に住んでいると
日本人の両親のもと日本で生まれて
日本国籍で日本語をしゃべってることがごくごく普通なので
ちょっと混乱するのかも、と思いました。

ニュージーランドでは特に
世界中からいろんな人種の移民が集まっていたので
いわゆる肌の色みたいな人種と
国籍と話す言葉が全部バラバラなひとがたくさんいて
別に何とも思っていなかったけど

そういわれてみると
そのひとが「なにじん」なのかは
いったい何が根拠になっているんでしょうね。


ニュージーランドもグアム(アメリカ)も
そこで生まれたら国籍が取得できる出生地主義だし
両親が日本人でも日本語がほとんど話せない
というのはまったく珍しくないので

子育てをされているかたは
そのへんですごく迷ったり悩んだりするみたいです。

コドモ本人も自分のアイデンティティについて
いろいろ葛藤があるらしいし

世界はボーダーレスになっているといっても
人間の中身というのはなかなか難しいものです。









わたしは全力で日本人です。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク









こちらもよろしくどうぞ
「☆つれモナ☆」にGO!







関連記事

スポンサーリンク

● COMMENT ●

私も全力で日本人!と言いたいところですが、両方の祖父母共に出生が不明でして。
おまけに中国人に中国語で話しかけられた経験や、ロシア人ぽいだの、日本人っぽくないだのと友人から言われ、何人なのかわかりません。
国籍は日本だから一応日本人かな。夫から宇宙人扱い受けてます。

私はもちろん生粋の日本人なのですが、where are you fromと聞かれる時と場合によっては「シドニー」とか「オーストラリア」になるのですよね。毎年シドニーマラソンに出場する時、which country are you representing という質問があるのですが、その時はオーストラリアを選んでます。
気分の問題かな…夫はパスポートはオーストラリア人ですが、DNAを辿っていったらきっと色々混じってるかもですね。

大昔、歌手の山崎まさよしさんが、山口県出身か滋賀県出身かで、各県の出身者がもめてたなあ…どっちかが出生地でどっちかが子供時代を過ごしたかなんかだったと思うのですが。

イシグロ氏が何人かとか気にしたことなかったです。
あー、イギリス国籍取ったのね~と思ったぐらいでした(笑)
我が家も息子をシドニーで産んだので、息子は今は二重国籍保持者です。
私も夫も娘も日本人です。
この間のサッカーも私と娘は日本を応援してたのに、
息子はオーストラリアを応援していました。
息子は、オーストラリアで生まれたから、オーストラリア人になる!と言っています。
今は日本に住んでいるのに・・・。
娘は日本国籍しか持っていないのに、日本語が片言で英語がペラペラです。
最近はだいぶ日本語も上手になりましたが、いろいろ悩みや葛藤はありましたね。
息子が将来どっちを選んでくれるんでしょう・・・。
まだまだ先のことではありますが、日本人になってほしいと親としては思ってしまいます。

中学校の英語の授業で、「雪国」を英語と日本語の二冊買って読むと良いと英語の教諭に言われた記憶があります。
中学生に「雪国」ってどうなんだろうと今は思いますが・・・。

両親が共に同じ出身国という人が非常に稀で、その上の4人や、なんならそのまた上の8人の出身国が見事にバラバラ、聞いてみると、出身国の戦争や動乱期に命からがら超が付く程の幸運に恵まれて逃げてきた人、真夜中に国境の川を命がけで泳いで脱出したという東欧共産主義国(当時)出身者、こっちに来てから政府がひっくり返されて「帰る国が亡くなった」と言う人、そんな人たちが私の周りでは大多数を占めます。仲違いをしている国から来られた人同士は複雑な心境の様です。皆さんそこまでは明るく話してくれますが、とても怖くてアイデンティティーだのなんだのそこから突っ込んだ深い話をすることができていません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/412-ac57ae81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

wrap up てなに包むの? «  | BLOG TOP |  » 『月の道』は英語で???

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 11月10日発売 +++


Amazon にて絶賛予約受付中!

認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (18)
英語学習法 (7)
NZ英語とグアム英語 (40)
ニュージーランド生活 (12)
映画・音楽・テレビ (8)
今日の単語 (28)
お店で英語 (9)
グアム生活 (32)
名言・格言 (2)
暮らしの英語 (101)
職場の英語 (25)
使えるフレーズ (65)
カタカナ英語 (17)
ニュースの英語 (20)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (2)
英語で説明 (2)
雑談 (11)
異文化を知る (2)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク