FC2ブログ
topimage

2018-11

after you と go ahead - 2016.05.31 Tue





エレベーターに乗る時

いや別にエスカレーターでもバスでも
ていうか乗らなくてもいいんですけど
レジとか銀行の列とか。


とにかく
「あっ、どうぞお先に!」 と
相手に譲ることがあるじゃないですか。


そういう時NZでは
After you. (あふたーゆー) と言ってました。


しかしグアムに来てから
After you と言われることなんかほとんどない。


では何と言われるかというと
Go ahead. (ごーあへっど) です。




201606011.jpg




ちょっと調べてみたら
after you のほうが丁寧な言い方だというひともいれば
どっちも同じというひともいて、よくわかりませんが

どうもアメリカ人は go ahead派のような気がします。


go ahead は他にも
たとえばこちらがちょっと言いよどんだりしている時に
「どうぞ、その先を続けて」 という意味もあって

NZでもそういう使い方はしていたけども
「お先にどうぞ」という場合は after you でした。


after you は 「わたしがあなたの後ろから行きます」
go ahead は 「あなたが先に行ってください」

なので、意味合いは同じだけど視点がちがう。

慣れてるからか、わたしはなんとなく
after you のほうがしっくりきます。
どうぞどうぞ、という感じがして。


で、あともうひとつ
これはまったく個人的な感覚ですが

「あふたーゆー」 という
ほんわかした響きに比べると
「ごーあへっど」はゴツゴツしていてちょっと怖い。


濁音があるからかも。

「-」で終わらず言い切ってるからかも。

動詞から始まるから
命令されているような気になるのかも。

(↑コレかな?)










ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ





関連記事

スポンサードリンク

● COMMENT ●

シンガポール出張時に、エレベータの中で現地の同僚がお客様に "I'm after you" と言っているのを聞いて「なるほど、そう言うのか!」と感動(←おおげさ)した記憶があります。

after youという言い方はUKで初めて覚えました。
大人も子供もドアを開けてくれつつ『After you(^_^)』と言ってくれ、
さすが紳士の国ね!とか思いました。
go aheadより柔らかい印象かな〜と。
あと友達が三つ子を出産したのですが、tripletsって言うのを知りました。

学校で習ったこととはちょっと違うってことが色々ありますよね。
someとanyの使い方とか…

go aheadは結局は命令口調だからなんかもやってするんですよねー。
まあ、譲ってくれているのでしょうが・・・
譲ってもらうというよりも、その方が先方の都合にいいからそれに合わせて動かされている気分になるのは私だけかしら。

ビバリーヒルズコップという映画でエディ マーフィーが「アフターユー」といったら「アフターユー」で逆に譲ってもらっていたのを思い出して、アメリカ英語じゃないことに驚きました。お上品さを出したかったのかもしれないですね、ビバリーヒルズだから。

初めてコメントいたします。
しゃおと申します。
いつも投稿楽しみにしています。
つれモナも長いこと愛読しつつ、コメントは初です。

「お手洗いに行ってきますね」と言ったら
「Go ahead」と言われて
抵抗感があったことを思い出しました。
「どうぞどうぞ」という意味合いで
使われたような気がしますが、
その時は「行ってこい!」と言われたような
気がしたのでとても共感しました。

アメリカかの片田舎に住んでた頃は、大学構内だとgo aheadという方もいましたが、
after youのほうが頻度多かったような気がします。
アメリカ国内でも差があるのかもしれないです…多分ですが(^^;;

お返事です

>m.i.さん
シンガポールはイギリス英語圏ですもんね。
やっぱりそう言うのですね。


>mSamさん
なんとなくソフトな感じですよね。
go aheadを先に知ってたらどう思うのかなあ。。。


>結さん
たしかに!たしかに相手に譲るというよりも
自分の都合という感じがするする!!!


>しまみさん
NZでエディマーフィーの映画を地元の友人と一緒に見たら
ぜんっぜん聞き取れなかった!と言ってて笑いました。


>しゃおさん
ですよねー。命令形だからですかね。
相手にまったく悪気はないんだけども。


>かなかなさん
なんかアメリカも田舎のほうだと余裕がありそう。
go aheadってギスギスした感じですよね。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/42-7c012dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NO SOLICITING とはなんぞや «  | BLOG TOP |  » 誰かに会うなら appointment

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (44)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (34)
名言・格言 (6)
暮らしの英語 (115)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (20)
ニュースの英語 (23)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (13)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク