topimage

2018-07

ache VS pain VS hurt - 2018.02.19 Mon





おかげさまで腰は劇的に回復。(*゜▽゜*)

しかし先週『痛み』についていろいろ調べたので
せっかくだから整理してみます。


まずは『痛み』 という言葉そのものの種類。


(1) ache (えいく)
わりと継続的な鈍い痛み。

単独で使うよりも
headache (へでいく) ← 頭痛
toothache (とぅーせいく) ← 歯痛
stomachache (すたまっけいく) ← 胃痛
・・・のような使い方のほうが多い気がします。



20180219.jpg



(2) pain (ぺいん)
鋭い痛み

今まで使い分けがよくわからなかったけど
ache より突然襲われる強い痛みで、
「無視できない痛さ」というのが
英語サイトの説明によく書いてありました。

どこかにぶつけたとか骨が折れたとか
そういうのは pain だそうです。
ちなみに『痛み止め』は painkiller。


(3) hurt (はーと)
これは発音がむずかしい。

上の2つは I have a pain/ache in my legs.
という使い方をするけど、hurt を使う場合は
My legs hurt. と言います。 
が、
わたしは heart と発音の区別ができないのでなるべく避ける。(笑)

あと 「ケガをする」 (=injure)という意味でも使います。



そしてこの3つはどれも
肉体だけでなく精神的な『痛み』にも使用可能。

heartache (はーていく) = 心が痛い
といえば恋愛の時の決まり文句♪

It's a pain. と言えば「めんどくさい」

hurt は誰かに心無いことを言われて
傷ついた時なんかにも使います。


うーん、日本語の『痛み』 に比べると
なかなか守備範囲が広いですなあ。










sore (そあ) もあるね!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~







スポンサーリンク








関連記事

スポンサードリンク

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://donikaeigo.com/tb.php/511-aeb1002d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

追いかけて pursuit «  | BLOG TOP |  » 痛みの英語いろいろ

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (44)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (34)
名言・格言 (6)
暮らしの英語 (115)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (20)
ニュースの英語 (23)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (13)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク