topimage

2018-06

Aは何のA? - 2016.11.01 Tue





発音にあまり自信がないひと(例:わたし)にとって
電話はなかなかハードルが高いものです。

特にこの間書いたように(
日本語の名前をスペルアウトする場合は
文章とちがって相手に察してもらえないので
正確に伝えるのがたいへん。(´ヘ`;) 

そんな時よく 「A for Apple」
とか言ってるの、聞いたことないですか?

日本語で言うと
「木が3つの森に田んぼの田で森田です」
みたいなやつ。(ちょっとちがうか)


あれ、実はちゃんと決まりがあって
一番有名なのは NATO フォネティックコード
*こちらで見られます→




20161101.jpg




これだとAはアポーではなくアルファなのですが
Foxtrot(ダンスの種類)みたいに一般的でない言葉もあるので
英語の国のひとはわりとテキトーにカスタマイズしてるみたいです。


日本でも金融業界などでは
America
Boston
China

・・・みたいに国や都市名のコードを使うらしいですね。


航空会社や旅行関係では
「エイブルベイカー」と呼ばれるコードを使います。
わたしも長らくこの業界にいるのでこっちを使う。

NATOのフォネティックコードに比べると
単語のチョイスに親しみがあって覚えやすいです。


Able
Baker
Charlie
Dog
Easy
Fox
George
How
Item
Jack
King
Love
Mike
Nancy
Over
Peter
Queen
Roger
Sugar
Tiger
Uncle
Victory
Whisky
X-ray
York
Zebra


たとえば Kinako のスペルを説明する時は
「King Item Nancy Able King Over」 となります。

一般的にはそこまで細かく使うことはないと思うけど
NとM、BとD、FとSなどは聞き間違えられやすいので
N? M? と聞き返された時に

M for Mike

と言えば何度も言い直さずにすみます。v( ̄ー ̄)v


相手に伝われば別に何でもいいんですけど
いちいち考えるのもめんどくさいので
ひとつ覚えておくとけっこう便利ですよ♪







お役に立てればコレ幸い
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~
















こちらも4649
「☆つれモナ☆」にGO!









スポンサードリンク

出川スタイルでがんばる! - 2016.08.08 Mon





今回も出川さんの「はじめてのおつかい」が
ものすごかった。(前回の記事コチラ→

『アメリカ国旗のストライプは何本か?』
という質問をしたいけど
「旗」 という英語を知らない出川さんは

いきなり タータターターターター♪ と
アメリカ国歌を歌いながら
旗が上がっていく動作をして

レッドストライプ
ホワイトストライプ
ハウメニー?


これで通行人から1分足らずで
正解を導き出してしまいました。

恐るべし!!w(゜o゜)w




でもわたしも先日がんばりましたよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


いわゆるこの「温水洗浄便座」が
あるホテルに設置されているかどうかを聞く
・・・というミッションが課せられました。

あ~はいはい、と相変わらず何も考えずに
丸腰でいきなり電話するわたくし。

相手が出て「えーと、トイレがね・・・」
と切り出したところでようやく

温水洗浄便座って何て言うんだっけ?( ・◇・)

・・・と気づいたけどとりあえず話し続ける。
止まったら負け(のような気がする)。


「カラオケ」や「ポケモン」みたいに
「ウォシュレット」で通じるかも?と
ダメ元で試してみたけどやっぱりダメ。

シャワートイレ?
シャワートイレある?

「YES、シャワーとトイレは同じ場所にあるわよ」

ノーノーノーノーノー!! (;´Д`)× 


えーとね
高層階のお部屋にはスペシャルなトイレがあるでしょ
スタンダードな部屋にもそれはあるの?

スペシャルなトイレよ
えーと洗えるやつ。
which you can wash! (なんのこっちゃ)


あ~わかったわかった!! ≧(´▽`)≦
(大爆笑)


それがなんて言うか
ハウスキーピングに聞いてみるから待ってて!

・・・と言われ、しばらく待っていたら


わかったわよ!
あれはね、「ビデ」よ!!




だ、そうです。

わたしの知ってるビデとは違う。。。(・Θ・;)


でもあとで調べてみたら
ほんとにビデでいいみたいです。



201608081.jpg



ウォシュレットでも通じると書いてあったけど
実際どこまで浸透しているのかは疑問。

海外ではあんまり見かけませんしねえ。
たぶんグアムのひとはほとんど知らないと思います。


なのでもしグアムで宿泊するホテルに
温水洗浄便座がついているかどうか知りたかったら

Is there a bidet in the bathroom?

・・・とでも聞いてみてください。


通じなかったら出川スタイルでがんばりましょう。p(´∇`)q








ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


にほんブログ村 トラコミュ 英語の学び方~英語道~へ
英語の学び方~英語道~






こちらもがんばっております
「☆つれモナ☆」にGO!







スポンサードリンク

コバンザメ作戦のおすすめ - 2016.04.27 Wed





ワーホリ前半の数か月
わたしはニュージーランドのド田舎で
いちおう語学学校に通っていました。


5月という中途半端な時期だったからか
日本人はほとんどいなくて

ドイツやスイス、フランス、イタリア
チェコやハンガリーなど
ヨーロッパからの学生が多かった。


ヨーロッパの学生たちは英語ができなくても
まったく物おじせず自信マンマンで
ニュージーランド人の先生と対等に
グイグイ話をするのが衝撃的でした。


言葉が思うように話せないと
オドオドして消極的になったりするものですが

彼らは文法とか単語とかメチャメチャでも
とにかく話し続けるのです。


やっぱり言葉は違えど
ナイフとフォークで食事する文化のひとは
あんまり違和感ないんだろうなあ、と

お箸の国のわたくしは驚いたものでした。




20160229.jpg




そんなヨーロッパ軍団に
最初は圧倒されていたわたしでしたが

そのうち
「彼らの言ってることをよーく聞いてちょっと盗む」
というコバンザメ作戦を思いつきました。


これはなかなか効果的。v( ̄ー ̄)v


英語に慣れないうちは
ネイティブの話す言葉は早くて聞き取れないけど
英語が母国語ではない外国人の英語なら
聞き取りやすいことに気がついたのです。



なので一緒にごはんに行ったりしては
そうかそうか、とよく話を聞き
言い回しを盗む。


そしてすぐ使う!(ここ大事)


たとえばお店で注文する時
それまでのわたしは
「○○プリーズ」しか言えなかったのですが 

こっそり聞いていたら彼らは

「Can I have ○○ ?」

などと言っているではありませんか!

そうか、「きゃないはぶ」 か!!! w( ̄△ ̄;)w


で、自分も言ってみる → 通じる → イイ気分
というわけで、この方式でけっこう度胸がついた。


自分が初級クラスだったら
中の下(?)クラスぐらいのひとが
話す英語をちょっとマネしてみると
グイッと上達すると思います。


相手がネイティブ並みの上級者だと
なに言ってんだかわかんなくて逆効果なので
「自分よりちょっと上」 ぐらいが狙い目です。

もちろん相手が日本人でもOK。



わたしもいまだに
日々コバンザメっています。(´艸`)










ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ











スポンサードリンク

書き取り勉強法 - 2016.04.22 Fri




Bay City Rollersから始まった(→
わたしの洋楽好きは
その後Queenへと進みました。

Queenにのめりこむ小学生って
今考えるとけっこうシュール。(´艸`)


中学に入って英語の授業がはじまると
歌詞を聞き取って歌うだけでは物足りなくて
どんな意味なのかが知りたくなってきました。


そこでわたしは歌詞カードから
すべての歌詞をノートに写し取り
単語ひとつひとつの意味を
辞書で調べて書き出す、という

とても手間のかかる作業に没頭。


そんなことより勉強しなさい!と
わたしが親なら言いたいところです。ヾ(´ε`*)ゝ


しかしなにしろ中学1年生なので
ほぼすべての単語がわからない上に
文法なんかまったく知らないので
とにかく1つずつ調べては書く。


たとえばあの有名な
「ボヘミアン・ラプソディー」の冒頭。



20160305.jpg




名詞だか動詞だかも知らないので
辞書に出ているすべての意味を
1つずつ書き出していって

1曲分全部終わったところで
意味がつながりそうな言葉を
自分なりにつないでいき
たぶんこうだろうなと想像していました。


といっても相手はQueenなので
中1女子がいくらがんばったところで
理解できるわけがないのですが

でも今振り返ってみると
当らずといえども遠からず
といったところで
なかなかイイ線いっていたのです。


もちろんネットはなかったので
紙の辞書をペラペラめくって調べた。

途方もない作業ですね。

今やれと言われても絶対イヤ。
ネットとPC使っていいよと言われてもイヤ。 ( ´ω`X

好きってすごいパワーだわ。


でもこの作業のおかげで
辞書を引く訓練にもなったし
のちのち新しい単語やイディオムを習った時に
ああ!このことだったのか!!
・・・と霧が晴れるようなヨロコビも味わいました。


ちなみにうちの兄はバリバリの理系で
学生時代は英語なんかまったく興味なかったのに
だいぶ大人になってから
自分の好きなバイク雑誌などを
アメリカから取り寄せて読んでるうちに

なんと!
英語で小説まで読めるようになりました。



好きこそものの上手なれ、ですな。









ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ





スポンサードリンク

衝撃のテイケリーゼ - 2016.04.14 Thu




さてハーフの従姉妹たちの他にも
うちの近所にインターナショナルスクールがあったり
両親が洋画や洋楽好きだったりしたので

昭和のコドモにしてはわりと
英語が身近だったわたし。


おかげで小学生にしてすでに
英語の歌を歌っていました。 <( ̄^ ̄)>



・・・というのはウソで
「英語の歌をカタカナに書き起こして歌っていた」
が正解です。


わたしが小学生の頃
とても人気があったバンドといえば
Bay City Rollers。

(知らないかたはお母さんに
お母さんも知らなかったらおばあちゃんに
聞いてみましょう。。。。 悲)









好きな歌は一緒に歌いたい
でも英語がわからない (´ヘ`;) 


そこで聞こえた通りの音を
カタカナでノートに書き取って
それを見ながら一緒に歌う♪

という遊び(?)がプチ流行していて
友達の家で集まっては
レコード聞きながら一生けんめい書いてました。

なんと高尚なコドモたちだったのでしょうか。


でもレコードなのでたいへんだった~。
同じところ何度も繰り返して聞くのは
なかなかむずかしいのよ、レコードは。

(知らないかたはお母さんに・・・・ 以下略)



今でも覚えてるのは
いろんな曲にやたらと出てきた
テイケリーゼ という言葉。


それが take it easy だったと気づいた時は
もうだいぶ大人になっていたんだけど
すごい衝撃だった!!! w(゜o゜)w

ジョイナスが join us だと
気づいた時と同じぐらい衝撃だった。


あと「コージョラーイズ」
というフレーズもたくさん出てきて
これは後々
close your eyes であると知ったのですが

今考えるとどちらもなかなか
的確な聞き取りであるなあと
われながら感心します。

読めなかったゆえに
カタカナ英語にならなかったのが
功を奏した感じでしょうか。


この「ジョン万次郎方式」、
中学校で英語を学び始めると
なかなか効果的な学習法に進化したのですが
それはまた次の機会に。 (* ̄▽ ̄)ノ~~






ランキング参加中!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


ありがとうございます。






スポンサードリンク

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

本になっちゃった

+++ 絶賛発売中 +++


認定されました!

recommend_bnr03.png

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
はじめまして (1)
わたしと英語 (19)
英語学習法 (10)
NZ英語とグアム英語 (44)
ニュージーランド生活 (14)
映画・音楽・テレビ (10)
今日の単語 (29)
お店で英語 (9)
グアム生活 (34)
名言・格言 (6)
暮らしの英語 (115)
職場の英語 (28)
使えるフレーズ (70)
カタカナ英語 (20)
ニュースの英語 (23)
旅の英語 (18)
料理の英語 (4)
英語のしくみ (4)
英語で説明 (2)
雑談 (13)
異文化を知る (3)

☆つれモナ☆

こっちがメインのブログです

「☆つれモナ☆」にGO!

グアムからのんびり発信中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング


スポンサーリンク